Linuxで動く
Webグループウェア・カタログ


北浦 訓行
2002/10/22

グループウェア選択のポイント

 今回は6本のグループウェアを評価しましたが、アドレス帳のインポート/エクスポートができないものが意外と多かったのには驚きました。グループウェアを導入する企業や事業所では、1人に1台のPCが導入されているケースが多いと思います。そのようなところでは、各人が取引先や得意先の住所や担当者名をPC(例えば、Outlookの[連絡先]や年賀状ソフトなど)で管理しているのではないでしょうか。グループウェアにインポート機能がないと、これらのデータは完全に無駄になるばかりではなく、再入力のための余計なコストが必要となり、結果的にグループウェア利用の妨げになる可能性もあります。

 私がグループウェア導入を決定する立場にあると想定して、どのソフトウェアを選択するかを考えてみます。

 まず、ある程度のコストを掛けることが許されるのであれば、使用感や機能、実績などを考慮して、サイボウズAGかdesknet'sを選択します。両者ともアドレス帳のインポート機能をサポートしています。

 できるだけお金を掛けないで、携帯電話によるアクセスなどもサポートしたい場合はdesknet'sです。携帯電話などによる外部からのアクセスを重視しないのであれば、サイボウズAGを選択します。お金を使っていいのならば、サイボウズAGに携帯電話オプション(サイボウズAGケータイ)やPDA連携オプション(サイボウズAGシンク)を付けて決まりです。両方ともこの分野でシェアを取っているソフトウェアだけあって、インストールから運用・保守まで、使い勝手がよく練られています。

 コストを掛けないでグループウェアを導入するのであれば、選択肢はTrueOffice、Clara、phpGroupWareのいずれかになります。10ユーザー以内であればClaraを選択します。トップページに掲示板や伝言メモの有無などが表示されるのは、やはり便利です。ユーザー数が10人を超える場合、フリーで使用できるのはTrueOfficeかphpGroupWareになります。TrueOfficeは機能を絞り込んだシンプルさ、phpGroupWareはGUIインターフェイスと多機能さが特徴です。ただし、phpGroupWareは開発途上ですから、現時点ではTrueOfficeを選択することになるでしょう。

製品名 WebMagic TrueOffice Clara サイボウズAG phpGroupWare desknet's
メーカー オーシーシー QUPA.com Top Management Service サイボウズ ITはあと ネオジャパン
価格/
ユーザー数
10万円
無制限
フリー
無制限
フリー
無制限
6万8000円
10ユーザー
フリー
無制限
3万9000円
5ユーザー
価格備考 サポート料は50IDで1年間4万円。iモード版は別売りで2万5000円
有償版あり(9万5000円:30ユーザー)
携帯電話、Palmモジュールは無償
試用期間
90日間
60日間
60日間
メール
×
×
アドレス帳
*1
*1
*1
掲示板
×
電子会議室
×
*2
設備予約
*3
×
スケジュール
*3
行き先掲示板
×
*3
×
伝言メモ
*3
*5
回覧
×
*2
×
文書管理
×
*4
*6
URL管理
×
×
×
×
ToDo
×
*3
携帯電話
iモード
×
×
PDA
×
×
×
×
暗号化
SSL
SSL
SSL
SSL
×
SSL
ワークフロー
×
×
そのほか 行事予定
ワークフロー、タイムカード、iモードはオプション(有償) タイムカード(プロジェクト管理、ワークフロー、報告書はオプション) プロジェクト管理、ニュースリーダー、電子ノート、電子投票、チケットシステム(トラブル管理)など 購買予約、プロジェクト管理、仮払精算、備品管理、レポート提出、タイムカード、ワークフローなど
備考
Sky Boardの後継
日本語化されていない機能あり 機能を絞ったライト版あり(50ユーザー95000円)
*1 インポート/エクスポート可
*2 メッセージに統合
*3 カレンダーに統合
*4 キャビネット
*5 メッセンジャー
*6 ファイルマネージャ
△ オプション

8/8

Index
Linuxで動くWebグループウェア・カタログ
  Webベースのグループウェアとは?
  WebMagic Ver.2 for Linux
  TrueOffice
  Clara
  サイボウズAG
  phpGroupWare
  desknet's
グループウェア選択のポイント

Linux Square全記事インデックス


 Linux Squareフォーラム 製品情報・レビュー関連記事
特集:2007年、Linuxディストリビューションの歩みを振り返る
商用、非商用ともにメジャーバージョンアップが相次いだ2007年。主なディストリビューションを取り上げ、アップデート内容を紹介します
プロダクトレビュー[Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop CD]
海外のみならず日本国内でも人気急上昇中のUbuntu。優れたインターフェイスを備えるとともに、豊富な機能がコンパクトにパッケージされている
特集:業務で使うデスクトップLinux カタログ
定型業務さえこなせればよいという部門も多い企業環境は、コンシューマ市場以上にLinuxへの移行が容易ともいえる。そこで、6つのLinuxディストリビューションを紹介する
特集:Linuxで動くリレーショナルデータベース・カタログ
データベースサーバのOSとしてLinuxを採用するケースが増えている。Linuxで動作する7つの主なリレーショナルデータベースを紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Windowsで動くXサーバ・カタログ
やや特殊な用途に用いられてきたXサーバだが、活用しだいでは普通の管理用途にも有用だ。そこで、Windowsで動作する6本のXサーバを紹介する。選択の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くJavaアプリケーションサーバ・カタログ
アプリケーションサーバは、いま最も開発競争が激しいジャンルの1つだ。その中から、Linuxに対応する5つの商用製品を紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くWebグループウェア・カタログ
Linuxを業務用サーバに採用するケースも増えている。そこで、Linuxをサーバとして利用するWebベースのグループウェアを紹介しよう

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します


Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH