選択メニューの項目のグループを定義するoptgroup要素
<optgroup>……</optgroup>

 optgroup要素は「option group」の略で、select要素で作る選択メニューの中で選択項目のoption要素をまとめてグループ化します。多くの選択項目がある場合、見やすさや使い勝手が損なわれてしまいます。

 そこで、optgroup要素を指定すると、階層化されて表示されるため見やすくなり、ユーザビリティを向上できます。

最もよく利用するブラウザは次のうちどれですか。

<html>
<head>
<title>optgroup要素のサンプル</title>
</head>
<body>
<div>
<form action="example.cgi" method="post">
<p>最もよく利用するブラウザは次のうちどれですか。</p>
<p>
<select size="8">
<optgroup label="Internet Explorer">
<option>Internet Explorer 6</option>
<option>Internet Explorer 7</option>
<option>Internet Explorer 8</option>
</optgroup>
<optgroup label="Firefox">
<option>Firefox 2</option>
<option>Firefox 3</option>
<option>Firefox 3.5</option>
</optgroup>
</select>
</p>
<p><input type="submit" value="送信" /></p>
<p><input type="reset" value="リセット"/></p>
</form>
</div>
</body>
</html>

DOMでの参照方法

[window.]document.getElementById("【ID属性値名】")

オプション属性

属性 機能 入力例 DOM参照
disabled "disabled" グループ化した
項目を選択する操作を禁止
※データも送信されない
<optgroup label="sample" disabled="disabled">……</optgroup> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").disabled
label
(必須属性)
文字列 グループ化した選択項目
に ラベル(見出し)
を指定
<optgroup label="sample">……</optgroup> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").label

追加が可能なイベントハンドラ属性

onclick、ondblclick、onmousedown、onmouseup、onmouseover、onmousemove、onmouseout、onkeypress、onkeydown、onkeyup

有限会社タグパンダ
喜安 亮介

7/10

 INDEX
Web標準HTMLタグリファレンス(最終回)
フォームや入力部品を表す9つの正しいXHTMLタグ
フォーム
  form フォームを定義するform要素
  label ラベルを定義するlabel要素
  input 入力部品を定義するinput要素
  textarea 複数行のテキスト入力欄を定義するtextarea要素
  select 選択メニューを定義するselect要素
optgroup 選択メニューの項目のグループを定義するoptgroup要素
  option 選択可能な項目を定義するoption要素
  fieldset テーマとして関連があるラベルとコントロールをグループ化するfieldset要素
  legend fieldset要素に対する説明文や表題を定義するlegend要素



HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

デザインハック 記事ランキング

本日 月間