スクリプトを文書内に読み込む際に使うscript要素
<script>……</script>

 script要素は「script statements」の略で、スクリプトを文書内に読み込む際に使います。head・body要素内どちらでも複数存在可能です。

 要素内に直接コードを書くこともできますが、外部から参照する手法が推奨されています。JavaScriptコードをHTMLに埋め込む際には、このscriptタグを使います。。

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<title>script要素のサンプル</title>
<script type="text/javascript" src="example.js"></script>
</head>
<body>

</body>
</html>

オプション属性

属性 機能 入力例 DOM参照
charset 文字コード名 リンク先の
文字コード
を指定
<script type="text/javascriptl" charset="utf-8" href="example.js"></script>
defer
(非推奨属性)
"defer" スクリプト
が本文を
生成しない
ことを宣言
<script type="text/javascriptl" href="example.js" defer="defer"></script> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").defer
language
(非推奨属性)
スクリプト言語
のバージョン
スクリプト言語
のバージョン
を指定
<script language="JavaScript1.7" type="text/javascriptl" href="example.js"></script> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").language
src URI 参照させる
ファイルの
所在を指定
<script type="text/javascriptl" href="example.js"></script> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").src
type
(必須属性)
MIMEタイプ リンク先の
リソースの
MIMEタイプ
を指定
<script type="text/javascript" language="JavaScript"></script>

有限会社タグパンダ
喜安 亮介

4/5

 INDEX
Web標準HTMLタグリファレンス(5)
リンクやファイル同士の関係を表す4つのXHTMLタグ
リンク
  a テキストや画像などにリンクを設定するa要素
  link ほかの文書との関係性を定義するlink要素
script スクリプトを文書内に読み込む際に使うscript要素
  noscript スクリプトが実行不可能な際に代替内容を表示するnoscript要素



HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

デザインハック 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH