〜Flashによるアプリケーションサービス情報を毎月お届け〜

第7回 Officeやファイル共有も!? 米のAdobe Max2007総評

須賀正明
ベンチャーキャピタリスト
2007/10/15


コンポーネントキャッシングをサポート ― Flex 3

- PR -

 Flex 3 beta 2では、既存のバージョンであるFlex 2との下位互換性を重視しつつ、Flash Player 9の新機能の1つでもあるコンポーネントキャッシング(RSL: Runtime Shared Library)をサポートし、ランタイムのパフォーマンス向上を図っています。

 AIRのコンポーネントがフレームワーク追加され、Flex 3があればFlash Player向けのWebアプリケーションだけでなくAIRアプリケーションの開発が同じ環境でできるようになっています。もちろん、オープンソース化の予定は変わらず粛々と進められています。

Flex Builderもクロスプラットフォームに進化

 同時にFlexの開発ツールであるFlex Builder 3もbeta 2として新しいビルドがAdobe Labsにアップされています。

 さらにアルファ版ではありますが、Flex Builder for Linuxも公開され話題になっています。クロスプラットフォームのサポートがFlash Playerだけでなく、Flex Builderの開発ツール環境まで広がってきたことは他者との大きな差別化要因になることでしょう。

編集部注Flex Builder 3Flex 3について詳しく知りたい読者は、Flex/AIRの開発環境Flex Builder 3を使ってみよう」をご参照ください。

デザイナー向けRIA開発ツール ― Thermo

 興味深いFlex関連の製品としてはコードネーム“Thermo”の発表がありました。これはデザイナー向けRIAのユーザーインターフェイス(以下、UI)開発ツールです。RIA開発ワークフローの効率化はAdobeだけでなく競合各社がクリアーしなければならない大きな課題の1つですが、ThermoはRIA開発プロジェクトの中でデザイナーが効率的にUIをデザインし、なおかつFlex開発者とコラボレーションできるツールを目指しているようです。

WebSnapShotの画面
Thermoのサンプルイメージ(Adobe labsのページより引用)

 Thermoを使うと、デザイナーが一切コードを書かずに、IllustratorやPhotoshop、Fireworkで作られたアートワークからSkinやUIコンポーネントをデザインし、Flex Builderへ取り込むことができます。

 しかも、一方通行ではなく前述のFlex BuilderからThermoへとラウンドトリップでUI編集作業が可能になるようです。PhotoshopのレイヤをそのままFlexのUIコンポーネントに取り込める日がThermoによってやって来るのではないでしょうか。

進化していくRIAプラットフォームベンダとしてのDNA

 実際に触ってみることのできるベータ版から、将来のRIAの姿を予感させるものまで話題には事欠かないAdobe MAX 2007でした。AIR関連の新製品リリースや買収の裏で、開発者とデザイナーをつなぐワークフローや開発生産性の向上を改善する製品のデモがあったりと、派手なお祭り騒ぎの中にも着々と進化していくRIAプラットフォームベンダとしてのDNAが見えたカンファレンスだったのではないでしょうか。

 来月のMAX Japanでぜひ自分の目で見て確かめてみてください。

おまけ:「Flash=ActionScript 3」ではなくなる?

 今回のMAXで実は一番印象に残ったのが、C/C++のコードをActionScript 3へトランスコードするデモでした。テクノロジーデモンストレーションとして公開されていたものですが、デモの中ではXSLTのCライブラリをActionScript 3へ変換し、Flash Player上でXSLTを動かしていました。

 XSLTのようにActionScript 3では実装されていない機能でも、ほかのプログラミング言語ですでにあるライブラリが使えるようになれば非常に便利であることはいうまでもありませんが、C/C++の資産がある場合にはFlash、AIRアプリケーションがコンパイルできるというメリットも大きいでしょう。

 C/C++用のスクリプティングホストを変えれば、RubyやPHPなどをActionScript 3へと翻訳することが可能でしょうから「Flash=ActionScript 3」ではなくなる将来も来るのかもしれません。デモの最後では、Flash Player上で動いている、大ヒットゲームDoomに観客の大きな喝采(かっさい)が集まりました。

@IT関連記事


行く先はMAX 2007? バスツアーがOn“AIR”中!
連載:Flash観測所(5) いま米で進行中のOn AIR Busツアー。停車する各地でAIR・Flexなどに関する技術セッションが行われている。そこでできたAIRアプリなども紹介しよう
リッチクライアント & 帳票」フ ォーラム 2007/8/1

Apollo改めAIRプログラミング入門

連載「Apolloプログラミング入門」が「AIRプログラミング入門」としてリニューアル!AIRになってからの新機能をイロイロ紹介します

最終更新 2007/12/20

Apolloプログラミング入門

先週パブリックアルファ版が公開されたApollo。パイロットユーザーだった著者がいち早くデスクトップアプリケーションの作成方法をお伝えしよう

最終更新 2007/6/7

1-2-3

 INDEX
第7回 Officeやファイル共有も!? 米のAdobe Max2007総評
  Page1
AdobeがOffice製品市場へ!? Buzzword買収
ファイル共有Webアプリ ― Share
さらに進化し続けるFlash Player ― Astro
  Page2
AIR Beta 2のアプリが早くもぞくぞくと登場
公式FLVプレーヤーとなるか? Adobe Media Player
  Page3
コンポーネントキャッシングをサポート ― Flex 3
デザイナー向けRIA開発ツール ― Thermo
進化していくRIAプラットフォームベンダとしてのDNA
おまけ:「Flash=ActionScript 3」ではなくなる?




HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

注目のテーマ

HTML5+UX 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH