ICDロゴ

可逆圧縮 (loss-less compression)

【カギャク・アッシュク】

別名
ロスレス圧縮 (loss-less compression) 【ロスレス・アッシュク】

最終更新日: 2002/11/10

 圧縮によっても情報の損失は発生せず、伸張によって元のデータを完全に復帰できるような圧縮方式。これとは逆に、圧縮によって情報損失が発生し、伸張によっても元通りの品質の情報を取り戻せないような圧縮方式は「不可逆圧縮」と呼ばれる。

 この方式は最も一般的な圧縮方法であり、ディスクに格納するファイルを圧縮してディスク容量を節約したり、通信で送るデータを圧縮して通信時間を短く(速く)したりするために使われることが多い。ファイル圧縮では、ZIPやARC、LHA、ハフマン符号化などの圧縮アルゴリズム(これらの名前は、圧縮されたファイルの付けられる拡張子などに由来している)がよく使われている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -