ICDロゴ

MMX Pentium

【エム・エム・エックス・ペンティアム】

最終更新日: 2002/05/16

 「Pentium Processor with MMX Technology」の略称。MMXテクノロジーを実装したPentiumを指す。1997年初頭のMMXテクノロジの発表とともに、それを実装したプロセッサとして発表された。

MMX Pentium
MMX Pentium
写真提供:Intel

 このMMX Pentiumでは、MMX命令の追加拡張以外にも、製造プロセスの改良(0.35μBiCMOSテクノロジ→0.35μCMOS)が加えられ、動作電圧がCPUコアとI/Oでそれぞれ2.8V、3.3Vというデュアルボルテージにされた(ノート向けバージョンのCPUコア電圧は2.5V)。このためMMX Pentiumは、接続インターフェイスにはそれまでのPentiumと同じSocket 7を用いるが、デュアルボルテージに対応しないマザーボードには装着できなかった。またMMX Pentiumでは、L1キャッシュ(1次キャッシュ)が倍増され(16Kbytes→32Kbytes)、分岐予測や命令デコーダの改良などが行われている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -