[Borland Conference 2001 Tokyo開催]
クロスプラットフォーム路線を進めるボーランド

2001/11/14

基調講演を行ったインターシモン氏

 ボーランドは11月13日と14日の2日間、プライベートカンファレンス「Borland Conference 2001 Tokyo」を開催中だ。会場ではJava、CORBA、XML、SOAP、UMLなどを利用した実践的な開発手法を解説するセッションが多数行われていた。

 同カンファレンス初日の13日に行われた基調講演は、米ボーランド・ソフトウェア・コーポレーション社長兼CEO デイル・フュラー(Dale L.Fuller)氏と、同社副社長 デビッド・インターシモン(David Intersimone)氏が行った。フュラー社長は米国からライブ中継で参加し、途中インターシモン氏がフュラー社長にインタビューする場面も見られた。

 フュラー社長は、同社が7四半期連続で利益を計上したこと、KylixやDelphi、JBuilderなどの製品がさまざまな賞に輝いたことなどを紹介し、同社が最先端のテクノロジを提供していることを強調。同社の製品が選択される利用として同氏は、唯一のクロスプラットフォームベンダであること、業界のキーセグメントや成長している分野に焦点を当てていることなどを理由として挙げた。また、「J2EE、Microsoft.NETは、将来のスタンダードになると考え、どちらもパートナーと考えている」とし、今後もオープンプラットフォームを推し進める考えを示した。

米国からライブ参加したフェラー社長

 日本のマーケットに関しては、「日本市場はビッグマーケットである。アジアのみならず世界に対しても重要な影響力を持っている」として、今後も重要視していくことを表明した。

「Kylix 2」ほか3製品をリリース

 なお、ボーランドは同カンファレンスで日本語版の「Borland Kylix 2」「Borland JBuilder6」、それに「Borland Enterprise Server」の3製品を一挙に発表し、12月12日より出荷を開始すると発表した。

 Kylix 2はWebサービスを迅速に開発できるよう、Apache用のWebアプリケーションの開発をコンポーネントベースでサポートするWebSnap機能を搭載したほか、エンタープライズ向けの開発用にVisiBroker機能を搭載し、CORBA/AppServerをサポートした。なお、Kylix 2 Open Editionは、12月中旬より同社のWebサイトから無償ダウンロード可能(「「Kylix 2」はWebサービス機能が充実」参照)。

 JBuilder 6は、最新のJ2EE 1.3やEJB 2.0の開発や、UMLによるソースコードの視覚的表示などをサポートした。これらの機能により、最新のテクノロジを利用したJavaベースの開発が容易に行える。JBuilder 6 Personalは、2002年1月より同社のWebサイトから無償ダウンロードできる予定。

 Enterpriser Serverは、J2EE 1.3に対応したJ2EEアプリケーションサーバで、現在発売されている同社の「Borland AppServer」「Borland VisiBroker」の後継製品。同サーバは、Apache Webサーバ 1.3とTomcat Webコンテナ4.0をベースにした「Borland Web Server」を搭載し、Servlet 2.3やJSP 1.2を利用したアプリケーション構築に対応した。また、パーティショニングテクノロジを導入したことで、1つのサーバに複数のパーティションを作成し、複数の仮想サーバを稼働させることができるようになる。同製品のWeb Edition(開発ライセンス)は、12月より同社Webサイトからダウンロードできる予定だ。

[関連リンク]
Borland Conference 2001 Tokyo
ボーランドの発表資料(「Borland Kylix 2」)
ボーランドの発表資料(「Borland JBuilder6」)
ボーランドの発表資料(「Borland Enterprise Server」)

[関連記事]
「Kylix 2」はWebサービス機能が充実(@ITNews)
“メード・イン・ボーランド”、再び (NewsInsight)
最新のDelphiはWebサービス開発を実現 (@ITNews)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -