SCM機能が強化された「E-Business Suite」、日本オラクル

2002/8/28

 日本オラクルはSCM(Supply Chain Management)やプロジェクト管理の機能を強化したビジネスアプリケーションの最新版「Oracle E-Business Suite 11i リリース7」を、8月26日にリリースした。

 最新版では2つのモジュールを追加した。「Oracle Inventory Optimization」モジュールは、業務で過剰な在庫を抱えてしまうことを未然に防ぐ機能を持つ。製品や部品などの必要な数量をシミュレーションして業務ネットワークの中で最適な状態になるよう調整する。SCM用のモジュール「Advanced Supply Chain Planning」と「Oracle Inventory Optimization」を組み合わせれば在庫の適正化だけでなく、SCMを最大限に活用して、顧客へのサービス向上につなげることができるという。

 「Oracle Project Resource Management」モジュールは、プロジェクト形式で業務を行う場合に、メンバーの人材や能力、経験を基に最適な人員の計画や配置ができるよう支援できるようになる。人材の情報をデータベースに蓄積しておくことで、プロジェクトのリーダーが必要な人材を配置できるようになるという。

 そのほか、最新版では統合会計や人事管理のモジュールの機能も強化し、ビジネスの効率化やコスト削減につながるという。

[関連リンク]
日本オラクルの発表資料

[関連記事]
主力DB事業がマイナスに、日本オラクルが決算を発表 (@ITNews)
日本オラクルの第2章は、傷ついたブランドの再構築から (@ITNews)
「企業のDB数は過剰」とDB単一モデルを説くオラクル (@ITNews)
過去の成功をかなぐり捨て、更なる拡大を目指す日本オラクル (@ITNews)
日本オラクル、Eビジネス向けアプリを統合したスイート製品 「Oracle E-Business Suite 11i」を発表 (@ITNews)
CRMはベンダのソリューションか? (NewsInsight)
[Interview] マリナーズに日本人選手が増えたのはCRMのおかげ? (@ITNews)
エピファニー、初の実行系CRM製品をリリース (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -