一般企業を巻き込む啓蒙活動を展開

“セキュリティは面倒? でも必要なんです”宣言

2007/02/06

 民間の業界横断的情報セキュリティ意識向上促進プログラム「みんなで『情報セキュリティ』強化宣言! 2007」がスタートした。2月6日に東京都内で行われた発足式にはこのプログラムのきっかけをつくったマイクロソフトや参加企業・団体が出席したほか、国際的に活躍するファッションモデル4人が登場、自らのインターネット利用体験と情報セキュリティの関わりについて語った。

sec01.jpg 発足イベントで日常生活におけるセキュリティについて語ったモデル4人

 政府が定めた「情報セキュリティの日」(2月2日)に合わせて企画された同プログラムはマイクロソフトが発案したもので、インターネット接続プロバイダやセキュリティソフトウェアベンダだけでなく、IT以外の一般企業の参加を広く呼びかけているところが、これまでの同様な活動とは異なる。

 活動内容はシンプルだ。同プログラムの事務局を務める情報セキュリティ対策推進コミュニティが統一的なバナーを提供、参加企業や団体はこれを自らのWebに掲載し、自社あるいは他社のセキュリティ関連情報ページにリンクする。一般の人々が生活のさまざまな場面で「セキュリティ強化宣言」バナーを目にするように露出を図ることで、一般的な情報セキュリティへの関心を高めることが狙い。バナー提供は2月28日で終了するが、その後も推進コミュニティのWebサイトは運営される。参加企業はバナーを継続して掲出可能。

 同プログラムの運営事務局 事務局長を務めるマイクロソフト チーフセキュリティアドバイザー 高橋正和氏は、「これまでの啓蒙活動は、(メッセージを伝えたい人々に対して)『届かない感』があった。IT企業以外の企業や団体と一緒に情報発信することで、人々に自分も関係者だと思ってもらうきっかけにしたい」と話す。

 現在でもウイルス対策ソフトというものを知らない人や、フィッシング詐欺の危険性に気が付かない人、セキュリティ関連の被害について耳にはしていても何をする必要があるかが分からない人が多数存在している。そうした人に「情報セキュリティは世の中的に大切なんだと気付いてもらいたい」とマイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部 セキュリティ戦略グループ シニアマーケティングエグゼクティブの瀬川正博氏は言う。

sec02.jpg マイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部 セキュリティ戦略グループ シニアマーケティングエグゼクティブの瀬川正博氏(左)とマイクロソフト チーフセキュリティアドバイザー 高橋正和氏(右)

 2月6日の発表時点で、参加企業・団体は37に達した。大成建設、日本航空インターナショナル、マスターカード・インターナショナル ジャパン、アメリカンファミリー生命保険など、IT分野に属さない企業や団体が過半数を占める。非IT企業の参加動機について、瀬川氏はCSR(企業の社会的責任)活動の一環としての側面があることを認める一方「外に対してセキュリティを提唱することはハードルの高い行為。これをあえて行うことで、社内に対する教育効果を狙っているところもある」と語る。

 マイクロソフトもこの活動に参加する1企業として、個人ユーザーやITエンジニアに向けた啓蒙コンテンツを充実させる。マイクロソフト イノベーション センターの人材育成サポートプログラムの一環として、セキュリティリーダーの育成にも力を入れるという。

 個人向けコンテンツでは、従来のように用語解説から入るのではなく、オンラインショッピングやオンライントレードなど、日常のシチュエーションにおいて知っておかなければならないセキュリティ知識をやさしく解説する切り口で、情報セキュリティに対する興味があまりない人にとって読みやすいものにしたという。

 ITエンジニア向けコンテンツでは、散在していたセキュリティ関連情報をまとめ上げるとともに、開発者向けにはWebビデオによるトレーニング・コンテンツや開発ガイドラインを提供。セキュリティ担当者向けにはセキュリティ実装の計画から対応までを理解するためのコンテンツを公開している。2月20日からは、仮想サーバにインターネット経由でアクセスし、マイクロソフトのセキュリティ製品を試用・評価できるような環境を提供するという。

 マイクロソフトは最近セキュリティ対策ソフトウェア製品を投入した。これによりセキュリティ業界における同社の立場は変化してきている。高橋氏はこれについて「他社とライバルでありながらも協調していくという関係は、今後長い間続いていくと思う。市場の裾野を広げることが大事だと、どのベンダも気付いている」と語った。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -