セキュリティソフト企業5社が集結

マイクロソフトがセキュリティ対策でリーダーシップをアピール

2006/12/21

 Windows Vista発売を目前に控えマイクロソフトは、セキュリティ専業ソフトウェア企業を集めることで、IT業界におけるセキュリティ面での同社のリーダーシップをアピールした。

 12月21日に都内で開催された「Windows Vista セキュリティ プレスラウンドテーブル」に集まった企業は、ソースネクスト、トレンドマイクロ、日本エフ・セキュア、日本CA、マカフィーの5社。シマンテックは「スケジュールの都合で出席が叶わなかった」とマイクロソフト Windows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン(Jay Jamison)氏は言う。

Windows Vista セキュリティ プレスラウンドテーブル マイクロソフト Windows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン氏(左)とセキュリティソフト企業の担当者たち

 2001年9月の“Nimdaショック”を皮切りに、IT業界の緊急課題としてセキュリティが急浮上してきた。情報技術が社会のインフラとして定着しつつある現在、その重要性はますます高まっているといえる。新しいOSを発表するマイクロソフトにとっても、ITの信頼性を維持することは、同社1社だけの問題に過ぎず、IT業界全社ひいては、社会全体の問題であるとの認識があるようだ。

 今回マイクロソフトが召集した形となる「Windows Vista セキュリティ プレスラウンドテーブル」の目的は、各社のビジネス事情を超えたところで協力し合いながら、情報技術の堅固なセキュリティ性を高めていこうというものだ。

 Windows Vista発売と同時にリリース予定の「WindowsLive OneCare」は、マイクロソフトによるセキュリティ対策ソフトウェアで、ビジネス上の視点からみれば、マイクロソフトが遅ればせながらセキュリティ市場へ参入を果たすことになり、手放しで喜べない企業がいくつもあることは事実だろう。記者席からも「マイクロソフトのセキュリティ市場に対する姿勢が変わったのでは?」との質問が出た。それに対し、ジェイミソン氏は「マイクロソフトのセキュリティに対するメッセージが十分に伝わっていないのかもしれない」とし、同社としてはあくまで利用者の信頼を損ねないことを目標とし、業界全体でセキュリティ対策に邁進(まいしん)していきたい考えを強調した。

関連リンク

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン