新サービスモデルとパートナー計画も同時発表

米レッドハット、Red Hat Enterprise Linux 5をリリース

2007/03/15

 米レッドハットは3月14日、「Red Hat Enterprise Linux 5」(RHEL 5)のリリースを発表した。同社はリリースに当たり、顧客企業とのコラボレーションを強調した。

 RHEL 5では、パフォーマンスの向上、スケーラビリティおよびセキュリティ機能の強化、広範な新しいハードウェアのサポート、開発環境とツールセットの拡張、Microsoft WindowsおよびUNIXとの相互運用性の強化などの機能拡張が行われた。

 仮想環境においてもソフトの利用やアップデートを従来どおりに実行できるようにした。Red Hat Network Satelliteは、Enterprise Linuxベースのゲストを検出および作成、管理対象の環境へ組み込む機能や、ゲストの動作を制御するための管理機能を提供する。Red Hat Network Satelliteの各モジュール(アップデート、マネジメント、プロビジョニング、モニタリング)は、すべてホストおよびゲスト上で同様に機能するように拡張されているため、1000の仮想システムでも単一のシステム同様に管理できる。

 またレッドハットは、同社製品、パートナー製品のユーザーに関わらず利用可能なカスタマーサポートセンター「Red Hat Cooperative Resolution Center」の設立を明らかにした。

 さらに同社は顧客およびパートナーと協力、Red Hatのソフトとパートナーのソフトを含む、ビジネスアプリケーションのソフトウェアスタックを提供するRed Hat Exchange(RHX)を開発。RHXは今年後半に利用可能となる予定という。

(ITmedia)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -