液晶一体型の省スペースモデル

NEC、業界初の「ハイブリッドHDD」内蔵PCを発表――その効果は

2007/04/16

 NECは4月16日、省スペース性が特徴の液晶ディスプレイ一体型のデスクトップPC「VALUESTAR N」を発表した。フラッシュメモリを内蔵する「ハイブリッドHDD」を業界で初めて採用。アプリケーションやOSの起動が10〜30%程度、高速になるという。

nec01.jpg NECが発表した液晶ディスプレイ一体型のデスクトップPC「VALUESTAR N」

 VALUESTAR Nの本体は液晶ディスプレイとほぼ同様のデザイン。光学ドライブやPCカードスロットは本体側面から利用する。本体の厚みは4センチ、設置時の奥行きは16.3センチで、NECは「A4タイプのノートPCを超える省スペース性」としている。キーボード、マウスはワイヤレスで、使わないときは本体の下に収納できる。

nec02.jpg 本体は4センチの薄さ。上部に「ガジェットポケット」を付けられる

 ディスプレイは15.4型ワイド液晶。本体の重さは約4キロで、上部に付けたバーをつかんで持ち運びする。バーに標準の「ガジェットポケット」をかけて、CDなどの小物を入れることもできる。ワイヤレスLANを搭載。光学ドライブはDVD-R/+R 2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを装備する。

 VALUESTAR Nは3タイプを用意。ハイエンドの「VN570/JG」(22万5000円前後予想)はAMDの「Sempron 3400+」を採用した。地上デジタルチューナーを内蔵する。ハードディスクドライブ容量は200GB。

 ミドルレンジの「VN550/JG」(20万円前後予想) はAMD Turion 64 X2 TL-50を搭載。ハイブリッドHDD採用した。ハイブリッドHDDは、256MBのフラッシュメモリを搭載した120GBのHDD。Windows Vistaから搭載されたマイクロソフトの「SuperFetch」機能を利用できる。SuperFetchはよく利用するアプリケーションやファイルをあらかじめメモリに読み込んでおくことで、起動を高速にする。

 エントリモデルは「VN500/JG」(18万円前後予想)。AMDの「Sempron 3400+」を搭載。HDDは120GB。メモリはいずれも標準で1GB。OSはWindows Vista Home Premium。

 VN570/JGとVN500/JGは4月26日に発売。VN550/JGは5月中旬に発売する。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -