共通開発プラットフォームの導入も発表

ソフトバンク、スマートフォンなど夏モデルを12機種発表

2007/05/22

 ソフトバンクモバイルは5月22日、夏モデル12機種を6月上旬以降に順次発売すると発表した。「これまで通り機能や性能を追求するというのは当然やっていくが、今回のラインナップでは“スタイル”にこだわった」(ソフトバンクモバイル 代表取締役社長 孫正義氏)とし、本体色やコーディネートパネル、イルミネーション、メニューを組み合わせて約2億4000万通りのフルコーディネートが可能な「fanfun 815T」や、ボタン類を表面パネルから排除し、スッキリとフラットな表示面を確保した「FULLFACE 913SH」、表面加工にチタンを用いた「814T」など、個性を追求したモデルを取りそろえた。また、国内では初となる「Microsoft Windows Mobile 6」搭載の「X02HT」と「X01T」も発表。それぞれ7月下旬以降、8月下旬以降に発売する。

softbank01.jpg 「スタイル」にこだわったと話す、ソフトバンクモバイル 代表取締役社長 孫正義氏
softbank02.jpg 本体色、コーディネートパネル、イルミネーション、メニューを多様に組み合わせられる“フルコーディネートケータイ”を1つ1つ紹介する孫氏
softbank03.jpg ボタン類を表面パネルから排除し、スッキリとフラットな表示面を確保した「FULLFACE 913SH」。ガラス表面と液晶の表示面の厚みも薄くし、フラット感を出している。チャンネル切り替えやカメラのズームに使える静電式の上下ボタンを備える
softbank04.jpg 3Gハイスピード対応の「X02HT」。ノートPCのタッチパッドのようになぞったりタップできる入力デバイス「JOGGR」を搭載
softbank05.jpg 3Gハイスピード対応の「X01T」。ワイドVGA対応の3インチ液晶、指紋認証機能を搭載

 サービス面では、新たに「Yahoo!動画(ベータ版)」の提供を開始した。これはPC向けにYahoo!で提供している同名のサービスのケータイ版。すべて同一コンテンツではないが、ニュース、スポーツ、グラビアなど動画コンテンツを無料で視聴できる。毎月1000以上のコンテンツを追加予定という。こうしたサービスの無料提供について、孫氏は「パソコンのインターネットでタダで見られるものは、ケータイでも無料にする」と話した。Yahoo!動画は発売済みの端末でも視聴できる。「インターネットでビジネスをやっているソフトバンクのDNAのようなもの」(同氏)。

 また今回ソフトバンクモバイルは、携帯電話向けの開発プラットフォーム「POP-i」(ポパイ:Portable Open Platform Initiative)の開発に着手したことも発表。POP-iは、携帯電話向けのオープンなAPI仕様である「OpenKODE」を中核にするという。OpenKODEは、OpenGLを管理する業界団体「Khronos Group」が、PCにおけるDirectXに相当するものとして携帯電話向けに仕様を策定しているもの。2Dや3Dのグラフィック系を始め、マルチメディア関連のAPIが標準化されている。POP-iプラットフォームをターゲットに開発することで、Cによるネイティブアプリケーションでありながら異機種間の移植が容易になる。POP-iの開発はアプリックスとACCESSと共同で進めている。サポートを予定しているのは、シャープ、東芝、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、日本電気、サムスン電子など。

softbank06.jpg チップセットやOSの違いはPOP-iで吸収できるという

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -