フィンガープリンティング技術を活用

故意・過失の情報漏えいをブロック、ウェブセンスが新製品

2007/05/22

 ウェブセンス・ジャパンは5月22日、情報漏えい対策の新製品「Websense Content Protection Suite」を2007年第3四半期に出荷開始すると発表した。4月に代表取締役に就いた後藤聖治氏は「日本の大企業ではウェブセンスはよく知られている」と話し、今後は中堅・中小企業をターゲットに拡販を続ける考えを示した。

websense01.jpg ウェブセンス・ジャパンの代表取締役 後藤聖治氏

 Websense Content Protection Suiteはネットワーク経由の情報漏えいをブロックする製品。Webメールや掲示板、SNS、FTP、SMTPメール、インスタント・メッセンジャー、ネットワークプリンタなどの通信をモニタリングし、データ流出をブロックする。

 独自のフィンガープリンティング技術「PreciseID」を用いてネットワーク上を流れるデータと、あらかじめ設定した機密データをマッチングする。機密データの登録は手動のほか、150種以上が用意されている定義済みのポリシーを使って自動で登録できる。PreciseIDは高いデータマッチング率を誇るといい、故意・過失に関わらず情報漏えいを防止できるとしている。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -