音声定額で伸びるPHS市場でシェア狙う

東芝、6年ぶりでウィルコムに端末を提供

2007/05/31

wilcom01.jpg ウィルコム 執行役員副社長 営業統括担当 土橋匡氏(左)と東芝モバイルコミュニケーション社 統括技師長 岡本光正氏

 東芝は5月31日、ウィルコム向けPHS端末「WX320T」をウィルコムに提供すると発表した。7月上旬からウィルコムを通して販売される。2.4インチQVGA液晶、130万画素のデジタルカメラ、ICレコーダ機能を搭載。ソフトウェアとしてフルブラウザのNetFront V3.4やWord、Excel、PowerPoint、PDF形式の文書を閲覧できるドキュメントビューアを搭載する。メール入力などネット利用時を考慮して大型のキーパッドを採用した。また、赤外線通信に対応し、アドレス帳のデータや写真データを転送できる。

 「Carrots」ブランドも復活する。Carrotsシリーズは、オレンジのボディに緑のアンテナというニンジン姿の端末として1995年に1機種目を発売。以来、2001年まで展開していた。

wilcom02.jpg WX320Tはホワイトとブラックの2色

 再参入の背景として東芝モバイルコミュニケーション社 統括技師長で、6月1日付けで社長就任が決定している岡本光正氏は、音声定額プランによるPHS市場の順調な拡大と、東芝製携帯端末シェアの拡大を理由に挙げた。MNP開始以降、月次純増数が2〜4万加入と低迷したウィルコムだが、この3月、4月には、それぞれ9万加入、6万加入と推移している。2007年4月現在の契約者数は459万で前年4月の397万から15.6%増えている。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -