Google AdwordsをCRMに統合

米グーグルと米セールスフォースが提携で新サービス

2007/06/05

 憶測を呼んでいた米グーグルと米セールスフォース・ドットコムの提携内容が明らかになった。

 両社が米国時間6月5日に発表したところによると、米セールスフォース・ドットコムはGoogle AdWordsのサービスを統合的に利用可能とするオンデマンドCRMアプリケーション「Salesforce Group Edition featuring Google AdWords」を提供開始する。これによりGoogle AdWordsを使ったキャンペーンからセールスのクローズまでの一連の流れを、Salesforceで管理できるようになる。

 Salesforce Group Edition featuring Google AdWordsでは、まず同サービスから直接Google AdWordsにアクセスして広告を作り、ポストすることができる。自社のWebサイトに見込み顧客がアクセスしてくると、Webセミナーや製品資料などの提供を通じて顧客情報を収集し、この情報を新しいリードとしてSalesforceへ直接登録できる。新しいリード情報は即座にセールスチームへ配信でき、その後もセールス・サイクル全体を管理できる。

 Salesforce Group Edition featuring Google AdWordsは、6月5日より30日間プロモーション特別価格として7万2000円(年額、5ユーザー、税別)で提供する。プロモーション期間終了後は、14万4000円(年額、税別)となる。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -