新たなルートヒントファイルへの更新を

Lルートサーバのアドレス変更、DNSキャッシュサーバの設定に注意

2007/11/02

 インターネットの基盤を支えるルートネームサーバの1つ、「L.root-servers.net」のIPアドレスが変更になった。これにともない、DNSキャッシュサーバでの設定変更などが必要になる。

 これまでL.root-servers.netのIPアドレスは「198.32.64.12」だったが、米国時間の11月1日(日本時間では2日)より、新アドレスの「199.7.83.42」に移行した。ICANNによると、移行後も6カ月間は旧アドレスの参照は可能だが、最終的にはサービスを終了する予定という。

 この変更にともない、DNSキャッシュサーバではルートヒントファイルの更新といった作業が必要となる。例えばBIND 9では、InterNICが配布している新しいルートヒントファイルを入手し、リロードもしくはプロセスを再起動する必要がある。日本レジストリサービス(JPRS)では、djbdnsやMicrosoft DNS Service向けも含め、Web上で更新方法を紹介している。

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

最も信頼できる情報源は「自分の勤務先」――2021 エデルマン・トラストバロメーター
「信頼」に関するグローバル年次調査の結果です。

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...