不完全なクエリを解釈

米IBM、電子メール向けセマンティック検索ツールを発表

2007/12/20

 米IBMは12月20日、大量の電子メールの中から情報を探し出すための検索ソフト「IBM OmniFind Personal Email Search」(IOPES)を発表した。

 IOPESは不完全なクエリを解釈でき、電話番号、人、会議、プレゼンテーション、文書、画像などの情報を探し出せる高度なアルゴリズムを使ったセマンティック検索ツールだとIBMは説明している。例えば、電子メールの中に「電話」「番号」というテキストが含まれていなくても、誰かの電話番号を探し出せるという。カスタマイズ検索を作成、保存、共有することも可能だ。

ibm01.jpg IBM OmniFind Personal Email Search

 IOPESはIBMが開発したオープンソースのソフトウェアフレームワーク「Unstructured Information Management Architecture」(UIMA)を使っている。UIMAは分析技術を構築するためのもので、IOPESはこれを使って関係性を見つけ、パターンを特定し、結果を予想することで非構造情報の価値を認識するという。UIMAはIBMの企業向け検索製品「OmniFind」シリーズで使われている。

 IOPESはLotus Notes(バージョン6以上)あるいはMicrosoft Outlook(バージョン2003以上)に対応。IBM alphaWorksから無料でダウンロードできる。

関連リンク

(ITmedia)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...