MSNが2.8ポイント減

米検索市場でグーグルのシェアが66%に上昇

2008/01/09

 インターネット調査会社の米Hitwiseは1月8日、米国の検索市場におけるグーグルの市場シェアが66.0%に達したことを明らかにした。同社の調査では最高値。

 2007年12月中の4週間のデータで、同期間のヤフーのシェアは20.9%、MSNが7.0%、Ask.comが4.1%。同社が調査対象としている、これら以外の49の検索エンジンが占めるシェアは1.7%にとどまり、調査からは上位4社の寡占状態である様子がうかがえる。

 また、2006年末の同時期の調査では、グーグルが63.2%、ヤフーが21.6%、MSNが9.8%、Ask.comが3.7%。シェアが伸びたのはグーグル(2.8ポイント増)、Ask.com(0.4ポイント増)で、MSN(2.8ポイント減)とヤフー(0.7ポイント減)はシェアを落とした。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告クリエイティブの効果を配信前にAIが予測、電通グループ4社が「MONALISA」を開発
Instagram、Facebook、Twitterの3種類のソーシャルメディアにおける動画再生完了率とCTR...

高齢者のフリマアプリ利用、頻度では若者と互角――楽天調べ
楽天のフリマアプリ「ラクマ」でシニアユーザーが激増しています。その背景とは。

営業からマーケターへのキャリアパス、全力でやってきたことは必ず次につながる
おかんマーケターとしてデビューして1年半でB2Bマーケターのアワードを受賞した筆者。そ...