人気メッセンジャーとの連携視野

米AOLが大手SNS「Bebo」を8億5000万ドルで買収

2008/03/14

 米AOLは3月13日、SNS大手のBeboを買収することで合意したと発表した。買収は8億5000万ドル(約850億円)で現金で行う。Beboはイギリス人夫妻が2005年創業。イギリスや米国、アイルランド、ニュージーランドといった英語圏を中心にサービスを展開中で、ワールドワイドで4000万人の会員がいるという。現在、イギリスと米国の2拠点に100の社員を抱えている。

 AOLは3月5日にインスタントメッセンジャーの「AIM」に関するAPIやプロトコルを「Open AIM」としてサードパーティに開放する方針を発表。Webアプリケーションや、他社のソフトウェア・サービスとの連携が容易になっている。急成長中のSNSサイトを買収して、インスタントメッセンジャーと連携させることで、AOLはソーシャルメディアとしての地歩を固めたい考えだ。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Domoが企業のデジタル変革に向けた機能強化、データから導かれるインサイトをAIが自動提案
データサイエンス、AI/機械学習、大企業向けガバナンス、新アプリとIoTソリューションの...

藤田 晋社長がAbemaTVに挑む背景 広告業界における「一番クリティカルな問題」とは?
「何を言われても執念深く最後までやり切ろうと思っている」。藤田 晋社長は広告代理店向...

「オンラインで完全なプライバシー確保は不可能」と考えている人が過半数――カスペルスキー調べ
日本を含む世界21カ国を対象に実施した、オンラインにおける個人のプライバシーに関する...