「ソフトウェアの選択肢を拡大」

オープンソースからオープンソフトウェアへ、IPAが組織名改称

2008/04/01

 情報処理推進機構(IPA)は4月1日、オープンソースソフトウェアの普及、促進を行う「オープンソースソフトウェア・センター」の名称を「オープンソフトウェア・センター」に変更すると発表した。IPAが同日に発表した第二期中期計画を受け、「オープンな標準を取り入れたソフトウェアの普及」という活動目標を新たに加えた。

 IPAがいうオープンな標準とは、総務省が2007年3月に発表した「情報システムに係る政府調達の基本指針」が指摘する、(1)開かれた参画プロセスの下で合意され、具体的仕様が実装可能なレベルで公開されていること、(2)誰もが採用可能であること、(3)技術標準が実現された製品が市場に複数あることの3つの条件をすべて満たす技術標準。

 オープンソースソフトウェア(OSS)の普及、促進も続ける。IPAはOSSを「知恵を共有することにより、より良いソフトウェアを生み出していくこと」と説明。オープンな標準を「仕様を共有することにより、ソフトウェアの選択肢を拡大すること」と指摘し、新しくなるオープンソフトウェア・センターはこの双方の普及促進を進めるとしている。

 

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

TikTokをマーケティングに活用する企業がショートムービーでユーザーの心をつかむためにやっていること
TikTokをマーケティングプラットフォームとしての可能性に注目している企業は多いだろう...

日本は「行きたい国」1位――電通「ジャパンブランド調査2019」
電通が20カ国・地域で実施した「ジャパンブランド調査」の最新版の結果から、外国人の訪...

新発売の「iPad mini」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...