カカクコムが「クチコミ中心のメディア」

技術者向けソーシャル・ノウハウサイト「okyuu.com」が開設

2008/05/21

 カカクコムは5月21日、ITについてのノウハウやスキル、技術情報を投稿し、共有できるソーシャル・ノウハウサイト「okyuu.com」のベータ版サービスを開始したと発表した。ソーシャルブックマークとも近いサービスだが、情報をITに限定していることに加えて、投稿されたノウハウがデータベース化されるため、検索が容易なことが違いといえる。

 okyuu.comでは、URLを入力したり、ブックマークレットを使うことで、ITに関する情報を掲載しているWebページを投稿できる。投稿時には「プログラミング」「インターネット」など情報のカテゴリを選択する。タグも付けることができる。投稿されたWebページに対してokyuu.com上でコメントを付けたり、レイティングをする機能もある。okyuu.comでは、投稿されたWebページのタイトルだけが表示され、タイトルをクリックするとWebページにアクセスする仕組み。既存のWebページを投稿するだけでなく、自らが知っている情報を投稿することも可能だ。

 Webページの投稿は「価格.comID」のほかに、OpenID 2.0/1.1でも可能。コメント投稿や独自情報の投稿では、コードや動画の挿入に対応した「オキュウ記法」を用意した。気に入った投稿を保存する機能や、ほかのユーザーの投稿をチェックできる「フォロー」機能、メッセージ送信機能、足跡機能などがある。ノウハウのほかにニュース記事を投稿することもできる。

okyuu01.jpg 「okyuu.com」のトップページ。新着の投稿、人気の投稿がリストされる
okyuu02.jpg 投稿された情報。コメントを付けたり、レイティングを行う機能がある
okyuu03.jpg 新規投稿画面。カテゴリ、タグを設定できる

 okyuu.comはノウハウについてのデータベースを目指すといい、検索に力を入れている。投稿があったWebページは検索エンジンがクロールして、インデックス化する。そのためokyuu.com上で簡単に過去のノウハウを検索できるという。検索結果の順位は、ユーザーのレイティングなどを基に調整する。

 okyuu.comは開設当初から英語版を用意。海外展開も見込んでいる。カカクコムのCOO室によると、okyuu.comの開発期間は約4カ月。同社エンジニアの藤原史和氏が開発した。

 カカクコムの取締役COO 安田幹広氏は「ITについてのノウハウはネット上にたくさんあるが、Googleなどの一般検索エンジンではノイズが多く、効率的ではない」と指摘し、「専門のエンジンの方がずばりと情報を探せる」とokyuu.comの狙いを説明する。日本語圏、英語圏の初級、中級のIT技術者を対象に「クチコミ中心のメディアとして作っていきたい」(同社 COO室 堀哲也氏)という。月間20万のユニークユーザー、2009年3月末までに9500の投稿件数を目指す。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

音声検索のランキングに影響する3つの要素――SEMrush調査
音声検索のランキングに強い影響を与えている要素についての分析です。

電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗体験を支援する「AI試乗ソリューション」を提供
自動車販売店での試乗にAIが「同乗」。試乗に対する心理的ハードルを軽減するなどのメリ...

アジアで人気の日本のコンテンツ、マンガとアニメ以外では?――Fun Japan Communications調べ
アジア各国でも広く視聴されている日本のコンテンツ、どんなものが人気なのでしょうか。