Javaもクラウドに

JBossをAmazonのクラウド上で提供へ、レッドハット

2008/06/19

 米レッドハットは6月17日、エンタープライズ向けミドルウェア製品JBossシリーズのうち、Javaアプリケーションサーバプラットフォーム、「JBoss Enterprise Application Platform」(EAP)をアマゾンが提供する「Amazon EC2」(Elastic Compute Cloud)の上でベータ版として提供すると発表した。利用料は月額119ドルからで、利用するサーバ1台分ごとに1時間1.21ドルの課金が発生する。Amazon EC2上でインスタンス化できるOSイメージ(AMI:Amazon Machine Image)として提供する。EAPにはJava EEアプリケーションサーバのほか、Webアプリケーションフレームワークの「JBoss Seam」、O/Rマッパの「JBoss Hibernate」、クラスタリングの「JBoss Clustering」などが含まれる。

 すでにレッドハットはAmazon EC2上でRed Hat Linux Enterpriseの提供を2007年11月に開始しており、同社はエンタープライズ向けJavaアプリケーションをクラウド上へ移行できるとしている。クラウド上に移すことで、負荷に応じて必要なリソースを使い、その分の料金を払うという柔軟な運用が可能になる。既存のデータセンターで稼働しているアプリケーションのピーク時の負荷をクラウド上に分散するといった使い方もできる。

jboss01.jpg 米レッドハット ディレクター、プロダクトマーケティング担当のアーロン・ダーシー(Aaron Darcy)氏

 米レッドハットでJBoss製品を担当するプロダクトマーケティングのアーロン・ダーシー氏によれば、今回の新サービスは顧客からのリクエストに応えて提供するもので、金融業の夜間バッチの負荷分散、オンラインストアのようなWebアプリケーション、計算量の多いアニメーション制作などの分野から、特に引き合いが強いという。「通常、サーバを用意するのに3カ月から6 カ月かかるが、アマゾン上の仮想サーバであれば、申し込みから10分とかからずにすぐに使い始められる」(ダーシー氏)。クラウド・コンピューティング自体まだ新しい技術なので、ミッションクリティカルなジョブと、そうでないものを分けて従来のサーバとクラウド上の仮想サーバで負荷分散するなどの使い方が考えられるという。

 サブスクリプションでEAPを利用しているユーザーは、そのままAmazon EC2上でEAPを利用できる。ただし、サーバにインストールするタイプの従来のRed Hat Linux EnterpriseやJBossのライセンスをAmazon EC2上に適用することはできず、新たな申し込みが必要となる。また、利用にはあらかじめAmazon EC2の利用申し込みが必要。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

TikTokをマーケティングに活用する企業がショートムービーでユーザーの心をつかむためにやっていること
TikTokをマーケティングプラットフォームとしての可能性に注目している企業は多いだろう...

日本は「行きたい国」1位――電通「ジャパンブランド調査2019」
電通が20カ国・地域で実施した「ジャパンブランド調査」の最新版の結果から、外国人の訪...

新発売の「iPad mini」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...