コンピュータ芸術の祭典で受賞

ニコニコ動画がメディアアートとして認定

2008/06/19

 ドワンゴが6月19日に発表したプレスリリースによると、ニワンゴが運営する動画共有サイト「ニコニコ動画(SP1)」が、2008年度アルス・エレクトロニカで、デジタルコミュニティ部門のHonoray Mentions賞を受賞した。

 アルス・エレクトロニカは、オーストリアで毎年開催されているメディアアートの祭典。2008年は「A New Cultural Economy: The Limits of Intellectual Property.」をテーマとして掲げており、展示自体は9月4日からとなる。各賞はこの祭典に先駆けて発表された。

 なお、デジタルコミュニティ部門のGolden Nica賞は、中国のNGOが運営する「1kg more(多背一公斤)」が受賞した。そのほかのGolden Nica賞受賞作品はこちら

 インタラクティブアート部門では日本の平川紀道氏が、コンピューターアニメーション・フィルム・VFX部門ではリンクスデジワークスの木村卓氏の作品が部門賞を受賞した。

 各賞の受賞作もアルス・エレクトロニカのWebサイト上で確認できる。

(@IT 原田美穂)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...