評価DB用いて不正なサイトへのアクセス遮断

トレンドマイクロ、iPhone向けセキュリティサービスを開始

2009/04/09

trendmicro01.jpg 不正なWebサイトにアクセスしようとすると接続が拒否され、その理由が表示される

 トレンドマイクロは4月8日、iPhoneおよびiPod touch向けの無償のWebセキュリティサービス「Smart Surfing for iPhone and iPod touch」の提供を開始した。iPhone OS 2.2以上に対応しており、App Storeから入手できる。

 Smart Surfing for iPhone and iPod touchは、Safariのエンジンをベースにしたブラウザに組み込まれたサービス。トレンドマイクロがまとめているWebサイトのレピュテーション(評価)データベースを参照し、不正なWebサイトにアクセスしようとすると、その接続を遮断する。セキュリティ強度は3段階設定でき、接続が拒否された場合はその理由が表示される仕組みだ。シグネチャに基づくウイルス検出などは行わない。

 また、デフォルトで付属しているSafariでWebサイトにアクセスする際には、この機能は利用できない。

 トレンドマイクロによると、いまのところiPhoneやiPod touchを狙ったセキュリティインシデントは報告されていないが、いつ発生してもおかしくない状況であるのも事実という。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH