日本の大学では初

九州大学、IBM・グーグルのクラウドイニシアティブ参加へ

2009/09/09

 九州大学大学院システム情報科学研究院は9月9日、IBMとグーグルが共同で推進する「IBM/Google Cloud Computing University Initiative」への参加承認を受けたと発表した。同イニシアティブは、グーグルやIBMが持つ数百台の大規模クラスタを活用して、世界各国の大学に最新技術習得のための学習環境を提供するもの。すでに米国では、ワシントン大学やカーネギーメロン大学、マサチューセッツ工科大学などの参加が決まっている。日本の大学としては九州大学が初という。

 九州大学では、クラウド環境を活用することで、3次元地図やサテライト・ナビゲーション・システムに関する研究、Hadoopプログラミング環境を使った大規模分散処理用ソフトウェア開発、EDA(Electronic Design Automation)シミュレーションなどの最先端の研究を進めていくという。大学構内にあるプライベート・クラウド環境とパブリック・クラウド環境との連携の可能性についての研究、検証も行う。

 九州大学では、今後もクラウド・コンピューティングに関する教育・研究を推進し、九州大学全体、ひいては九州地域の大学全体のクラウド基盤の構築、連携を目指していくという。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

3万円で始めるウェビナー 配信ツールをどう選ぶ?
まずはスモールスタートで。今回は、ウェビナーを実施するための体制や必要な環境につい...

有料化直後のドラッグストアでは「レジ袋購入しない人」が約8割――True Data調べ
2020年7月1日からレジ袋を有料化したドラッグストアの実購買データを調査。

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...