キャラクタデバイスのドライバもユーザー空間に

Linux 2.6.31がリリース、USB 3.0対応など

2009/09/11

 Linuxカーネルの開発者コミュニティは9月9日、最新版のLinux 2.6.31をリリースした。新たにUSB 3.0をサポートしたほか、ユーザー空間でファイルシステムを実装できる「FUSE」(Filesystem in Userspace)を拡張する形で、キャラクタデバイスをユーザー空間で実装できる「CUSE」(Character devices in Userspace)を搭載。CUSEにより、例えば古いオーディオAPI「OSS」(Open Sound System)を、現行のALSAで行うOSSプロキシなどを提供できるという。

 このほか、メモリ管理を改善。メモリ搭載量の小さなデスクトップ環境で、実行中のアプリケーションがページアウトしづらいよう改良を加えて、応答性を上げているという。また最近加わったカーネル・モード・セッティング(KMS)がATI Radeonにも対応。KMSを使うことで、それまでXサーバが初期化していたグラフィックチップをカーネルが設定できるようになり、起動時やユーザー切り替え時のちらつき防止、パニックメッセージのグラフィック画面への出力などが可能となる。

 CPUレベルでの動作を計測するパフォーマンス・カウンタの搭載も、新バージョンで目を引く機能だ。モダンなプロセッサでは、正確な経過時間や実行命令、キャッシュミス、分岐予測の失敗などの有用な情報をハードウェアレベルで読み出す仕組みを搭載していて、Linux 2.6.31では、こうした機能の抽象レイヤを追加した形。x86やPowerPCなどに対応する。

 既存ファイルシステム関連では、ext3/4で不要なスピンロックを取り除いたことでファイルのオープン/クローズなどが約3%高速化されたほか、次世代ファイルシステムのbtfs(バターファイルシステム)では、スナップショット数が増えたときのスケーラビリティの向上や、SSDの自動認識機能などを強化した。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...