AppLogicをベースにクラウド型ホスティングサービス提供

CPUやメモリを量り売り、エクシード

2009/09/16

 エクシードは9月16日、必要に応じて小刻みな単位でサーバリソースを提供するクラウド型ホスティングサービス「Libra」を発表した。9月21日からサービス利用に必要なアカウント登録受付を開始し、10月13日にサービスを開始する予定だ。

 Libraでは、同社が用意したサーバリソースプールを「CPU 0.2コア+メモリ512MB」というユニット単位で利用する。課金もこのユニット単位で行われ、例えば広告キャンペーンによるアクセス急増が予想される場合などに、必要な分、必要な期間だけ利用できる。同社システム技術部の末広美奈子氏はこの方法を「はかりにお肉やお魚を載せる代わりに、CPUやメモリといったリソースを載せて量り売りするようなもの」と表現している。

xceed01.jpg

 また「Webサーバ」「オンラインショッピングサイト」などの用途に合わせて、テンプレートを用意した。Linux OSのみの構成に加え、LAMP/LAPP構成、それぞれに負荷分散スイッチを組み合わせたものなど、当初7種類が提供される。同社のWebページ上で必要なユニット数とテンプレートを選択するだけで、従来は数日単位の時間がかかっていたサーバの構成、設定作業を5〜10分程度で終え、すぐに利用できることが特徴だ。サーバの起動や停止、リソース変更と再起動といった作業も、同じくWeb上から操作できる。

 同社代表取締役社長の鈴木義則氏は「ニーズに応じて、テンプレートはどんどん増やしていく。これを利用してデータセンター事業者やシステムインテグレータがビジネスを展開することも考えている」と述べた。また、MySQLやPostgreSQLといったミドルウェアだけでなく、グループウェアやCRMを搭載し、SaaSのプラットフォームとして事業者に展開することも検討しているという。

 Libraのサービス基盤には、米スリーテラ(3Tera)のグリッドソフトウェア「AppLogic」を採用している。高額な共有ストレージが不要なためコストパフォーマンスに優れること、スケールアウトだけでなくスケールアップにも対応できることなどを評価した。今後は、複数のグリッドにまたがる仮想サーバの連携を実現し、ディザスタリカバリに対応するほか、AppLogic以外の仮想化技術をサポートする計画だ。また基盤の部分は、将来的にGPLv3でオープンソースとして公開する方針という。

 Libraの利用料金は、最小構成の「Plain Small」が月額1万2000円から、ロードバランサを組み合わせた「LAMP Large」は同4万8000円からなど。いずれもそれを超える分については、日割りで後払いとなる。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...