IPAの委託で開発

ブラウザ依存の記述を検査するツール「Pirka'r」がOSSで公開

2009/10/01

 情報処理推進機構(IPA)は9月30日、ブラウザ間の互換性を備えたWebコンテンツの作成を支援するツール「Pirka'r」(ピリカル)を、オープンソースソフトウェアとして公開した。

 Pirka'rは、IPAのオープンソフトウェア利用促進事業の1つとして、委託先のグルージェントにより開発されたツールだ。Webコンテンツが業界標準に沿っているかどうか、またブラウザに依存した記述がないかどうかを検査することで、互換性の高いWebコンテンツの作成を支援する。

 Pirka'rは、検証サーバとクライアントから構成されている。起動すると、「CSSがWeb標準に準拠しているか」「HTML/CSS/JavaScriptにブラウザに依存する記述がないか」などをチェックできる。また、1つのページを、Internet ExplorerやFirefox、Safariといった複数の主要ブラウザで同時に起動し、まとめて表示を確認することも可能だ。互換性に問題のある個所については、Pirka'r上で修正し、保存することができる。

ipa01.jpg Pirka'rの画面

 IPAでは、Webコンテンツ製作者やWebサイトの運用管理者がPirka'rを活用することにより、互換性に問題のある個所を容易に確認できるようになるとし、より互換性の高いWebコンテンツの作成に活用してほしいとしている。Pirka'rはWindows、Macintosh、Linuxの各プラットフォームで動作し、開発コミュニティ「The Ashikunep Kotan」のサイトからダウンロード可能だ。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

バレンタインデーにお菓子を手作りする理由 「愛の告白」はわずか0.5%――クックパッド調査
バレンタインデーに「愛の告白」は絶滅の危機にあるそうです。

Instagramのマーケティング活用――主要機能のまとめと活用事例で学ぶ
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...

ネットショップを始めたきっかけは「趣味の延長」が過半数――ストアーズ・ドット・ジェーピー調べ
ネットショップを開設しても本当に売れるのか。皆どのような手段でネットショップを開設...