Oracle OpenWorldキーノートレポート

米オラクル、Fusion Applicationsを2010年に市場投入

2009/10/15

米オラクルCEO ラリー・エリソン氏 米オラクルCEO ラリー・エリソン氏

 米オラクルのCEO ラリー・エリソン(Larry Ellison)氏は10月14日(米国時間)、Oracle OpenWorld 2009で、開発中の次世代アプリケーションスイート「Fusion Applications」の製品戦略を説明した。Fusion Applicationsは2010年の市場投入を目指す。

 エリソン氏はまず、オラクルが持つ既存のE-Business Suiteやピープルソフト、JD Edwardsの製品などに対するサポートを継続し続けるとする「Application Unlimitedプログラム」について言及した。「これらの製品の顧客はいまもシステムに投資をしている。オラクルは今後10年、そしてそれ以降もこれらのアプリケーションを強化し続ける。これは絶対の約束だ」と述べ、既存製品の投資継続をアピールした。

Fusion Applicationsの製品戦略 Fusion Applicationsの製品戦略。既存のアプリケーションの開発は継続しつつ、SOAでインテグレーションすることも、Fusion Applicationsに乗り換えることもできる。

Fusion Applicationsの設計思想は「スタンダードなミドルウェア」で「SaaSレディ」

 その上で、オラクルは全く新しいラインとしてFusion Applicationsを開発している。エリソン氏はオラクルが数年間続けてきたプロジェクトであるFusion Applicationsの設計思想を語った。

Fusion Applicationsの設計思想 Fusion Applicationsの設計思想

 Fusion Applicationsでは、自社が持つパッケージアプリケーションだけでなく、さまざまな既存製品と統合することができるという。SOAベースで作成され、クラウドでもオンプレミスでも利用可能なインプリメントが行われている。

 実際の製品デモでは、「リーダー経験者」かつ「BIの知識を持つ」社員を、人事管理アプリケーションや組織情報、タレントマネジメントアプリケーションなどを統合した1つのダッシュボード上に表示し、担当の上司へチャットを行うまでの作業を、利用しているアプリケーションを意識せずに行えることが実演された。

Fusion Applicationsのデモ Fusion Applicationsのデモ。スキルマップチャートから人事情報へドリルダウンし、直属上司に向けチャットを行っているところ。

 Fusion Applications バージョン1の範囲として、一般会計や人事マネジメント、サプライチェーンマネジメントなどの7つの分野が含まれることも併せて発表された。総テーブル数5610、タスクフローの定義は1万を超える規模となるという。これらはOracle Fusion Middleware上に作られており、サードパーティのシステムでも統合できることが特長だ。

Fusion Applications バージョン1の範囲 Fusion Applicationsバージョン1で搭載されるアプリケーション
Fusion Applications バージョン1の開発規模 Fusion Applicationsバージョン1の開発規模を示すデータ。

 Fusion AppicationsはピープルソフトとJD Edwardsを買収した2005年、自社が持つアプリケーションスイート「Oracle E-Business Suite」と買収によって得られた各種製品を1つにまとめるものとして発表されたもの。その後発表されたApplication Unlimitedプログラムにて、現状の製品を使い続けることも可能している。

最新のOracle Enterprise Managerでプロアクティブなサポートを実現

 キーノートでは運用管理ツールであるOracle Enterprise Manager(OEM)最新版についても発表が行われた。最新版のOEMではオラクルのサポートサービス「My Oracle Support」と連携が行えることが特長。

 最新版のOEMでは、タブの1つとしてMy Oracle Supportが統合される。システムのバージョン情報やオラクル以外のアプリケーションの情報をオプトインにてオラクルに送信することで、推奨されるパッチのリストが表示され、問題が起きる前にオラクルのサポートから指摘を行うことができるという。このパッチ一覧にはダウンロードした人の数や、コミュニティが評価した結果なども表示される。日本でのリリース時期は現時点では未定。

OEM最新版の画面 OEM最新版の画面。パッチごとに表示されるページでは、右側にダウンロード回数やコミュティメンバーによるレビューが表示される。
アーノルド・シュワルツェネッガー知事 キーノートにはカリフォルニア州のアーノルド・シュワルツェネッガー知事も登場、テクノロジーの発展がさまざまな産業を盛り上げるとし、明るい将来を作り出すのはこの会場にいる技術者たちだ、と述べた。

(@IT 宮田 健)

情報をお寄せください:

Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

越境ECで売れる日本製品 「フイルムカメラ」「限定キャラクター商品」など――イーベイ・ジャパン調べ
日本からeBayに出品されたアイテムの販売動向が発表されました。

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。