デスクトップ版は「Ubuntu One」を統合

クラウド対応を強化したUbuntu 9.10は10月29日登場

2009/10/27

 英Canonicalは10月26日、Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新バージョン「Ubuntu 9.10」を10月29日にリリースすることを発表した。

 このうちサーバ版の「Ubuntu 9.10 Server Edition」は、クラウドコンピューティングへの対応強化が最大の特徴だ。オープンソースソフトウェア「Eucalyptus」によって、「Ubuntu Enterprise Cloud(UEC)」と呼ばれるクラウド環境を構築できる。UECはAmazon EC2と同じAPIに基づいているため、Amazon EC2との互換性を持ったプライベートクラウドを容易に構築することができる。

 なおUbuntu 9.10 Server Editionは、通常の形態で配布されるほか、Amazon EC2用のAmazon Machine Image(AMI)としても配布されるという。

 ほかの強化ポイントとして、Xen(ゲストOSのみ)およびKVM(ゲスト、ホスト双方)のサポート、USB 3.0のサポート、MySQL 5.1の追加などが挙げられている。

 一方デスクトップ版の「Ubuntu 9.10 Desktop Edition」では、バックアップ/ファイル共有を行えるオンラインサービス「Ubuntu One」が統合される。Ubuntu Oneは、ストレージ2GBまでは無料で、10GBまでは月額10ドルで利用できる。ほかに、起動時間の短縮やオーディオ環境の改善、Ubuntu Software Centreの一新、開発ツール「Quickly」のバンドルといった機能強化が図られるという。

 Server Edition、Desktop Editionともに、UbuntuのWebサイトを通じて無償でダウンロード可能となる。また、ネットブック向けの「Ubuntu 9.10 Netbook Remix」も同様に公開される予定だ。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...