複数アカウント設定やデータ同期APIも

グーグル、Android 2.0対応のSDKリリース

2009/10/28

 グーグルは10月27日、Android 2.0対応のSDKをリリースした。新SDKはAndroid 1.5/1.6/2.0に対応する。コード名「エクレア」で呼ばれてきたAndroid 2.0には、1つのデバイスでExchangeも含む複数アカウントとメールやアドレス帳を同期させる機能や、サードパーティの開発者が利用できるデータ同期APIなどが追加されている。

 ブラウザ関連の使い勝手では、アドレスバーが改善され、URLの入力のほか検索が行えるようになったという。また、ダブルタップによるズームにも対応。HTML5関連の機能として、Database APIのサポートにより、クライアント側でSQLが利用可能になったほか、オフライン時にWebアプリを使い続けられるアプリケーションキャッシュ、地理情報を取得できるGeolocation API対応、フルスクリーンでのvideoタグ対応などが含まれる。

 ソフトウェアキーボードも打ちやすいようにレイアウトが改善されたほか、マルチタッチ対応で2本指で高速に打ったときにキータイプの取りこぼしがないという。

 このほかBluetooth 2.1をサポートし、プロファイルとして新たにObject Push Profile(OPP)とPhone Book Access Profile(PBAP)に対応。

 アプリケーションのフレームワークAPIでも、コンタクト関連やキーイベント関連のAPIで変更が加えられている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...