ネットで提出論文を公開して審議

論文審査で合否、PHP試験最上位「ウィザード」

2011/02/07

 PHP技術者認定機構は2月7日、これまで発表済みだった初級試験と上級試験に加えて、最上位となる「PHP技術者認定ウィザード」の資格概要を発表した。発表済みの初級、上級試験では市販書籍を教科書とするなど、従来のIT関連資格試験にない取り組みをしていたが(参考記事:PHP試験が秋に開始、オライリー本が教科書)、PHP技術者認定ウィザードでは、1500文字以上の論文を提出。これを公開審議することで合否を決定する、これまでにない試験方式となる見込みだ。論文にはソースコードや図、グラフなどを含めることもできる。

php01.png PHP技術者認定機構のWebサイト

 PHP技術者認定ウィザードの受験資格は、選択式問題に回答するコンピュータベースの試験であるPHP技術者認定上級試験に合格していること。まず、セキュリティ、パフォーマンス、フレームワーク、インターナルのカテゴリから1つを選択してペーパー試験を受験し、これで7割以上の正答率となることも必須だ。

 ペーパー試験に合格した場合、提出論文は匿名で運営組織のWebサイト上に掲載される。その後、1カ月の閲覧期間中に、諮問委員会もしくは上級試験合格者から、提出論文に対する不承認意見を募る。この不承認意見のうち、その妥当性を理事会が認めたものが3つ以下の場合に合格となる。認定された論文は、ハンドルネームか本名で公開となる。希望した場合には、所属社名も公開可能。

 公開論文の審議という方式を採用したウィザード試験の狙いとして、運用の低コスト化を図ると同時に、技術的な洞察に富む論文が広く公開され、議論されることで、OSS開発者全体に対する貢献となることがあるという。こうした狙いから、ウィザード試験の受験料は無料となっている。

 ウィザード試験の初回のペーパー試験は2012年9月、PHPカンファレンスの夜を予定している。

 なお、初級・上級試験についても開始時期が決定し、初級は2011年4月から、上級は2011年9月からスタートする。全国にあるプロメトリックの試験会場で受験できる。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...