「長く継続」を視野にメールやTwitterでサポート

日本OSS推進フォーラム、OpenOffice.orgの提供で復興支援

2011/06/28

 日本OSS推進フォーラムは6月28日、東日本大震災の復興支援として、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」の配布およびサポートを無償で提供することを発表した。商用のオフィスソフトの代替としての利用を見込む。

 OpenOffice.orgは、ワープロや表計算、プレゼンテーションといったアプリケーションを統合したオープンソースのオフィススイートだ。被災者のほか、復興支援活動に携わっている関係者を対象に、Linux版とWindows版が収録されたCDを提供する。同フォーラムのサイトから、ISOイメージをダウンロードすることも可能だ。

 Linux版については、UbuntuもしくはKubuntuとOpenOffice.orgをともに収録することで、PCの電源を入れるだけでCDからブートし、自動的に利用できるようにした。OpenOffice.orgはオープンソースゆえに誰でも無償で利用できるが、OSと組み合わせてCD-ROMから起動できる形で配布することで、より手軽に利用できるよう支援する。例えば、このCDを中古のパソコンなどに入れて起動するだけで環境が整う。

 同時に、電子メールによるユーザーサポートやTwitterを介した利用支援を無償で提供し、さまざまな疑問に答える環境を整えた。2011年3月まで、OSS推進フォーラムクライアント部会のボランティアが対応する。

 こうして配布したCDは、ライセンスを意識することなく、ほかのPCにコピーして利用することも可能だ。同フォーラムでは、復興が進むにつれて、OpenOffice.orgに対する需要が高まり、ユーザーサポートが増えたり要望が多様化したりすることに備え、この取り組みを長く継続していく方針。

 無償CDもしくはダウンロードの申し込みや無償サポートの詳細は、同フォーラムの復興支援Webサイトに掲載されている。また、Twitterを介したサポートは、当初、「#ossforum」のハッシュタグを利用する。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...