HTML5やCSS3を利用したWebサイト構築を支援

Adobe、Web開発者向けの新ツール群「Adobe Edge Tools & Services」発表

2012/09/25

 米Adobe Systemsは9月24日、Webサイト開発者やデザイナー向けの新しいツールとサービス「Adobe Edge Tools & Services」を発表した。HTML5、CSS3、JavaScriptなどの技術を利用した最先端のWebサイト構築を支援する。

adobe01.jpg

 Edge Tools & Servicesは7種類の新ツールで構成され、このうちアニメコンテンツ制作ツール「Edge Animate 1.0」と、モバイル端末でHTMLコンテンツのプレビューとデバッグができる「Edge Inspect 1.0」(コードネーム「Shadow」)、モバイルアプリパッケージングサービス「PhoneGap Build 1.0」、無料Webフォントサービス「Edge Web Fonts」については、即日提供を開始した。

 また、オープンソースプロジェクトのBracketsをベースとしたコードエディタ「Edge Code」はプレビュー版を公開し、Webデザインツール「Edge Reflow」は年内のプレビューリリースに向けたデモを披露している。「Typekit」は商用フォントをWebで利用できるサービスとなる。

 各ツールとも同社のクラウドサービス「Adobe Creative Cloud」を通じて提供する。有料会員向けのサービスに組み込むほか、それぞれ月額料金制のサブスクリプションプランも用意する。

 Edge Animateについては月額14.99ドルのサブスクリプションのほか、499ドルの恒久ライセンス版も提供予定だが、初版は無料で提供し、Webデザイナーの採用を促す。

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...