HTML5やCSS3を利用したWebサイト構築を支援

Adobe、Web開発者向けの新ツール群「Adobe Edge Tools & Services」発表

2012/09/25

 米Adobe Systemsは9月24日、Webサイト開発者やデザイナー向けの新しいツールとサービス「Adobe Edge Tools & Services」を発表した。HTML5、CSS3、JavaScriptなどの技術を利用した最先端のWebサイト構築を支援する。

adobe01.jpg

 Edge Tools & Servicesは7種類の新ツールで構成され、このうちアニメコンテンツ制作ツール「Edge Animate 1.0」と、モバイル端末でHTMLコンテンツのプレビューとデバッグができる「Edge Inspect 1.0」(コードネーム「Shadow」)、モバイルアプリパッケージングサービス「PhoneGap Build 1.0」、無料Webフォントサービス「Edge Web Fonts」については、即日提供を開始した。

 また、オープンソースプロジェクトのBracketsをベースとしたコードエディタ「Edge Code」はプレビュー版を公開し、Webデザインツール「Edge Reflow」は年内のプレビューリリースに向けたデモを披露している。「Typekit」は商用フォントをWebで利用できるサービスとなる。

 各ツールとも同社のクラウドサービス「Adobe Creative Cloud」を通じて提供する。有料会員向けのサービスに組み込むほか、それぞれ月額料金制のサブスクリプションプランも用意する。

 Edge Animateについては月額14.99ドルのサブスクリプションのほか、499ドルの恒久ライセンス版も提供予定だが、初版は無料で提供し、Webデザイナーの採用を促す。

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

B2Bにおける動画活用とグローバルマーケティング、3Mが実践していること
グローバル規模のデマンドジェネレーション活動と、動画の具体的な活用方法について。

「Google Nest Hub」(画面付きスマートスピーカー)を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

10代女子は「り」で会話が成立、進化する略語の実態――Simejiランキング
バイドゥが10代女子8000人に調査したSimejiランキング。今回のテーマは「流行りの若者言...