実録! DBA1.0 vs. DBA2.0 障害対応対決

Oracle管理者のための「時間術」

 

 
初音玲
2009/3/6

Round1:障害対応対決

 Oracle Database 11g Release 1を使って、コマンドとスクリプトを駆使したDBA 1.0とEnterprise Manager Database Controlを駆使したDBA 2.0では、障害発生時の対応はどのように違うか比較してみよう。

DBA 1.0の障害対応:達人クラスで作業時間5分

 「データベースにつながらなくなった」

と連絡を受けた場合、DBA 1.0はリモートデスクトップ、telnet、ssh、サーバ端末などを使って、サーバ上からSQL*Plusに接続してデータベースインスタンスの状態を確認する。

●手順1 状況の確認
[oracle@ora11g ~]$ sqlplus / as sysdba //(1)SYSDBA権限で接続

SQL*Plus: Release 11.1.0.5.0 - Production on 火 1月 27 22:19:55 2009

Copyright (C) 1982, 2007, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 11g Release 11.1.0.6.0 - Production
に接続されました。
SQL> SELECT status FROM v$instance; //(2)インスタンスの状態を確認

STATUS
---------------------------------------
MOUNTED  //(3)マウントはされているがOPENになっていない

SQL> ALTER DATABASE OPEN; //(4)OPENを実行してみる
ALTER DATABASE OPEN
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-01157: データファイル4を識別/ロックできません - 
DBWRトレースファイルを参照してください ORA-01110:
データファイル4: '/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf'

 Oracle Databaseが動いている機器にインストールされたSQL*Plusに接続したら、SYSDBA権限を持ったSYSユーザーとして接続する。ローカル接続なのでIDやパスワードは指定せず「/」だけで接続可能だ。

 V$INSTANCE表を確認するとデータベースはマウント状態にありオープン状態にはなっていないので、ALTER DATABASE OPENコマンドでデータベースをオープンして使用可能になるように操作したが、データファイル4がないというエラーになった。

 どうやらこのファイルが原因のようなのでOracle Databaseのファイルを格納してあるフォルダを確認したところ、users01.dbfファイルが存在しないことが分かった。

 そこで、次のようなリカバリ策を試すことにした。

●手順2 リカバリ
SQL> shutdown immediate //immediateモードでシャットダウン
ORA-01109: データベースがオープンされていません。


データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました
SQL> startup open recover //リカバリモードでオープンしてみる
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area   347340800 bytes
Fixed Size                   1299848 bytes
Variable Size              314575480 bytes
Database Buffers            25165824 bytes
Redo Buffers                 6299648 bytes
データベースがマウントされました。
ORA-01157: データファイル4を識別/ロックできません - 
DBWRトレースファイルを参照してください ORA-01110:
データファイル4: '/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf'



SQL> exit
Oracle Database 11g Release 11.1.0.6.0 - Productionとの接続が切断されました。

 Immediateモードでデータベースをシャットダウンしてからリカバリモードでのオープンを試みたが、マウントまでしか行われず、オープンできないままだ。

 そこで、RMAN(Recovery Manager)を使って対応する。

●手順3 RMANの実行
[oracle@ora11g ~]$ rman target / as nocatalog //RMANから接続

Recovery Manager : Release 11.1.0.6.0 - Production on 火 1月 27 22:21:17 2009

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle.  All rights reserved.

ターゲット・データベース: ORCL(DBID=1195388079、未オープン)に接続されました
リカバリ・カタログのかわりにターゲット・データベース制御ファイルを使用しています

RMAN> restore datafile 4; //データファイル4をリストア

restoreが開始されました(開始時間: 09-01-27)
チャネル: ORA_DISK_1: SID=152 デバイス・タイプ=DISK
 :
 :
 :
restoreが完了しました(完了時間: 09-01-27)

RMAN> recover datafile 4;  //データファイル4をリカバー

recoverが開始されました(開始時間: 09-01-27)
チャネルORA_DISK_1の使用
 :
 :
 :
recoverが完了しました(完了時間: 09-01-27)

RMAN> quit


Recovery Managerが完了しました。

 ローカルをターゲットとしてRMANでOracleインスタンスに接続したら、データファイル4に対してrestoreとrecoverを実施する。

●手順4 データベースのオープン
[oracle@ora11g ~]$ sqlplus / as sysdba //sysdbaとして接続

SQL*Plus: Release 11.1.0.5.0 - Production on 火 1月 27 22:24:25 2009

Copyright (C) 1982, 2007, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 11g Release 11.1.0.6.0 - Production
に接続されました。
SQL> ALTER DATABASE OPEN; //OPENを実施

データベースが変更されました。

SQL>

 データベースのオープンが正常に完了して「データベースが変更されました。」と表示されるのを待つ。

 作業時間の実測結果は、22時19分47秒〜24分54秒までの5分くらいになった。あらかじめRMANで使用するコマンドを調べておくなどの事前準備があったので、RMANのノウハウがかなりあるデータベース管理者の作業時間だと見なせるかもしれない。

前のページへ 2/4 次のページへ

Index
Oracle管理者のための「時間術」

Page 1
・かつてOracleメンテナンス担当は三重苦だった!?
 9iまでの「職人芸」とそれ以降
・Round0:障害対応対決〜両者のスペック
 DBA 1.0のシステム構成
 DBA 2.0のシステム構成
→ Page 2
・Round1:障害対応対決
 DBA 1.0の障害対応:達人クラスで作業時間5分

Page 3
 DBA 2.0の障害対応:誰がやっても4分以内!

Page 4
・Round2:ボトルネック調査対決
 DBA 1.0の対応:「もう1回発生したら分かるかも」
 DBA 2.0の対応:問題のクエリを即、究明
・最後に:少ない作業コストで状態把握を
Databaseフォーラム全記事インデックス

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Database Expert フォーラム 新着記事
  • データベーススペシャリストの業務を理解する (2017/4/25)
     「データベーススペシャリスト試験」は同じパターンの出題が多いために、過去問題をたくさん解くことが合格の早道です。本企画では、午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回は、「データベーススペシャリストの役割」の基礎を解説します
  • OracleからMySQLへ 「SQL」と「DDL」の移行評価を実施する (2017/4/18)
     本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、Oracle DatabaseからMySQLへの移行に向けた「SQL」と「DDL」の移行評価ポイントを解説します
  • 「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ (2017/4/18)
     「データベーススペシャリスト試験」は同じパターンの出題が多いために、過去問題をたくさん解くことが合格の早道です。本企画では、午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。初回は、「データベーススペシャリスト試験の基礎」を解説します
  • プライベートクラウド環境へ移行したら、アプリケーションのレスポンスが悪くなった (2017/4/17)
     本連載では、「SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「クラウドへ移行したらアプリケーションのレスポンスが悪くなった事例とその対処方法」を解説します
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Database Expert 記事ランキング

本日月間
ソリューションFLASH