連載:[完全版]究極のC#プログラミング

Chapter15 LINQとクエリ式

川俣 晶
2010/03/17
Page 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

15.14 クエリ結果のグループ化

 通常、クエリ式はselect句で終わり、これによって結果の内容を確定させる。しかし、さらに、group句を使い、結果を分類することができる。

 次のリスト15.16の例は、名前とCPUのペアとなる情報を、CPUによってグループ化して分類する。つまり、CPUが「6800」のものだけ集め、「Z-80」のものだけ集め……という処理をすべて行うわけである。

using System;
using System.Linq;

class Program
{
  class 商品情報
  {
    public string 名前;
    public string Cpu;
  }

  static void Main(string[] args)
  {
    商品情報[] 商品情報データ =
    {
      new 商品情報() { 名前="Altair 680b ", Cpu="6800" },
      new 商品情報() { 名前="FP-1100", Cpu="Z-80" },
      new 商品情報() { 名前="H68/TR", Cpu="6800" },
      new 商品情報() { 名前="LKIT-16", Cpu="MN1610" },
      new 商品情報() { 名前="MZ-80K", Cpu="Z-80" },
      new 商品情報() { 名前="TRS-80 Color Computer", Cpu="6809" },
    };

    var query = from n in 商品情報データ group n by n.Cpu;

    foreach (IGrouping<string, 商品情報> r in query)
    {
      Console.WriteLine("CPU={0}", r.Key);
      foreach (商品情報 p in r) Console.WriteLine("\t{0}", p.名前);
    }
    // 出力:
    // CPU=6800
    //   Altair 680b
    //   H68/TR
    // CPU=Z-80
    //   FP-1100
    //   MZ-80K
    // CPU=MN1610
    //   LKIT-16
    // CPU=6809
    //   TRS-80 Color Computer
  }
}
リスト15.16 group句によるグループ化

 group句は、「group 要素 by キー」という書式で使用される。キーの値ごとにグループ化された要素のコレクションが得られる。

 また、group句はselect句と異なり、クエリ結果の型を自由に指定できず、つねに「IGrouping<TKey, TElement>」という型に固定される。これは結果が指定型のリストという形で提供されるためである。TKeyはキーの型、TElementは要素の型である。

 そして、「IGrouping<TKey, TElement>」型の値を列挙すれば、1つのグループに含まれる要素を得ることができる。また、Keyプロパティを参照することで、キーの値を得ることができる。「CPU=Z-80」のような出力は、このKeyプロパティの値を参照することで実現している。


 INDEX
  [完全版]究極のC#プログラミング
  Chapter15 LINQとクエリ式
    1.15.1 LINQの面白さ
    2.15.2 LINQとは何か?
    3.15.3 「値の集まり」に対する演算
    4.15.4 なぜLINQなのか?
    5.15.5 最も基本的なLINQ
    6.15.6 LINQの本質は列挙
    7.15.7 LINQを使ううえでの注意点
    8.15.8 クエリ結果を加工する
    9.15.9 複数のソースからクエリする
    10.15.10 条件で絞り込む
    11.15.11 一部項目のみselectする
    12.15.12 シンプルなソート
    13.15.13 クエリの接続
  14.15.14 クエリ結果のグループ化
    15.15.15 複数ソースを関連付けるjoin句
    16.15.16 from句とjoin句のパフォーマンス
    17.15.17 join句のグループ化結合
    18.15.18 join句の左外部結合
    19.15.19 単独で使うDefaultIfEmptyメソッド
    20.15.20 内部列挙を伴うfrom句の二重使用
    21.15.21 let句
    22.15.22 クエリのインスタンス化
    23.15.23 クエリ結果の個数を得る
    24.15.24 Anyメソッドと存在チェック/【C#olumn】クエリ式のデバッグテクニック
    25.15.25 まとめ/【C#olumn】LINQの難しさ/【Exercise】練習問題
 
インデックス・ページヘ  「[完全版]究極のC#プログラミング」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH