CoolなEclipseプラグイン(特別編)

徹底解剖!! Eclipse3.3 Europaの“新世界”


NTTデータ
基盤システム事業本部 岡本隆史
2007/7/4

本記事は2007年に執筆されたものです。環境構築についての最新情報は「バージョン別セットアップマニュアル一覧」の「Eclipse」をご参照ください。Eclipse全般の最新情報は@IT キーワードINDEXの「Eclipse」をご参照ください。

6月はEclipseが生まれ変わる月

今回の主な内容

用途別にパッケージを変更してセットアップ

コラム Europaの日本語化
Eclipse本体(Eclipse Classic)の新機能

標準プラグインの強化点
新しく追加されたプラグイン

Europaの“新世界”を体験しよう

 2007年6月29日にEclipseの新バージョンEclipse 3.3Europa)がリリースされました。Eclipse 3.2Callisto)がリリースされたのが2006年6月29日ですから、ちょうど1年間隔でのリリースとなります。ちなみに、Eclipse 3.1が2005年6月27日、Eclipse 3.0が2004年6月25日ですから、6月の下旬に1年置きにコンスタントにEclipseの新版がリリースされています。Javaプログラマにとって、6月の花嫁ならぬ6月のEclipseですね。今回は、Eclipse 3.3リリース記念のCoolなEclipseプラグイン特別編として、Eclipse 3.3 Europaの紹介をします。

Europa、Callistoは木星の衛星の名前

 Eclipse 3.2からは、Eclipse本体とEclipse Foundationで開発されたプラグインが一度にリリースされ、Eclipseとプラグイン群を含め“Callisto”と呼ばれていました。Eclipse 3.3では、Europaとしてリリースされています。

 Callistoでは、10のプロジェクトからプラグインが同時にリリースされましたが、Europaでは、21のプロジェクトからリリースされています。Eclipse Foundationのプレスリリースによると、19カ国310名の開発者によって開発された1700万行を超えるコードが提供されているということです。ちなみに、CallistoとEuropaは木星の衛星の名前から取られています。

新たな進化の局面

 Eclipse 3.3では、既存のプラグインの強化に加え、JSF(JavaServer Faces)JPA(Java Persistence API)などのJava EE 5対応、STP(SOA Tools Platform)でのSOAのサポート、CC++のサーバ上でのアプリケーションのコンパイル、デプロイ、実行のサポート、まだIncubation段階(正式なプロジェクトとしてはまだ立ち上がっておらず、準備段階)ではありますが、動的言語をサポートするDLTK(Dynamic Language Toolkit)が提供されるなど、Eclipseは新たな進化の局面を迎えようとしています。

 本稿では、Eclipse 3.3(以下、Europa)の新機能と同時に、リリースされるプラグイン群の注目の新機能、そして、新たに提供されるようになったプラグインについてご紹介します。

用途別にパッケージを変更してセットアップ

 EclipseのダウンロードサイトでEuropaをダウンロードしようとして、いきなり戸惑うのは、ダウンロードサイトが大きく変わったことです(図1)。

図1 大きく変わったEclipseのダウンロードサイト
図1 大きく変わったEclipseのダウンロードサイト

 Europaからは、用途別に下記のEclipseのパッケージが用意されるようになりました。

  • Eclipse Classic
  • Eclipse IDE for Java Developers
  • Eclipse IDE for Java EE Developers
  • Eclipse IDE for C/C++ Developers
  • Eclipse IDE for RCP/Plug-in Developers

 従来は、Eclipse+SDKに必要なプラグインを追加インストールという形式でしたが、パッケージ別に分かれることにより、パッケージをインストールさえすれば、それなりに利用できるようになりました。また、Java、Java EE、C/C++開発者向けのパッケージには、Eclipse RCPやプラグインを開発するためのPDE(Plug-in Development Environment)が含まれなくなったため、ファイルサイズが小さくなっています。

編集部注:Eclipse RCPそのものについて詳しく知りたい読者は、「Eclipse 3.0のリッチクライアントとは?」を、PDEについては「Eclipseプラグインを作る(1)」をそれぞれご参照ください。

 以下、それぞれのパッケージを見ていきましょう。

いままでのEclipseの本体 ― Eclipse Classic

 Eclipseの基盤とEclipseの基本となるプラグイン群を開発するEclipseトップレベルプロジェクトからのほとんどのリリース物が含まれています。いままで提供されていたEclipse本体(Eclipse SDK)に相当するものです。

 Eclipse本体とJavaの開発をサポートするJDT、Eclipseプラグインの開発をサポートするPDEなどが含まれます。

Javaアプリ開発 ― Eclipse IDE for Java Developers

 Javaアプリケーションを開発するためのディストリビューションです。基本的なJava開発のための機能は含まれますが、PDEは含まれず、その分、サイズは小さくなっています。

 また、後述するMylynも含まれています。Java EEを利用したWebの開発ツールは含まれないので、Webアプリケーションを開発する場合は、次のEclipse IDE for Java EE Developerを利用します。

Java EE開発 ― Eclpise IDE for Java EE Developers

 JavaとJava EEアプリケーション開発のためのプラグインが含まれています。Eclipse IDE for Java DeveloperにWebアプリケーション開発のためのWTP(Web Tools Platform)と、DBを利用するためのDTP(Data Tools Platform)が含まれた状態で提供されています。DTPの詳細については、後述します。

編集部注:WTPについて詳しく知りたい読者は、「Webアプリ作成の標準プラグイン「WTP」」をご参照ください。

 なお、Eclipse IDE for Java EE Developerは執筆時現在、ダウンロードのトップサイトから直接ダウンロードはできず、Eclipse IDE for Java Developersのダウンロードのリンクから選択できるようになっています。

C/C++アプリ開発 ― Eclipse IDE for C/C++ Developers

 C/C++言語で開発を行うためのCDT(C/C++ Development Tools)を含んでいます。シンタックスハイライトコード補完ランチャデバッガサーチエンジンmakefileジェネレータを提供しています。

 Europaからの新機能として、文法のハイライトの改善GDBハードウェアデバッギングブレークポイントアクションなどのデバッグの改善、MinGWIBM xICツールチェインの統合がサポートされます。

Eclipseプラグイン/RCP開発 ― Eclipse IDE for RPC/Plugin-in Developer

 Eclipseプラグイン、Eclipse RCPによるリッチクライアントアプリケーションの開発をサポートするパッケージです。プラグイン/RCP開発に必要なJavaの開発機能とXMLエディタMylynが提供されています。

 また、プラグインやEclipse RCPアプリケーションを開発する際には、Eclipse本体のソースコードを参照しながら実装例を探したり、デバッグ時にEclipse本体の動作を確認する必要があるので、Eclipseプラットフォーム自身のソースコードも含まれています。

 
1/4

 INDEX 「徹底解剖!! Eclipse3.3 Europaの“新世界”」
Page1
  6月はEclipseが生まれ変わる月
  Europa、Callistoは木星の衛星の名前
  新たな進化の局面
用途別にパッケージを変更してセットアップ
  いままでのEclipseの本体 ― Eclipse Classic
  Javaアプリ開発 ― Eclipse IDE for Java Developers
  Java EE開発 ― Eclpise IDE for Java EE Developers
  C/C++アプリ開発 ― Eclipse IDE for C/C++ Developers
  Eclipseプラグイン/RCP開発 ― Eclipse IDE for RPC/Plugin-in Developer
  Page2
  コラム Europaの日本語化
Eclipse本体(Eclipse Classic)の新機能
  ハイパーリンク機能をデバッグ時に
  コマンドへのクイックアクセス
  エラーチェックの強化
  ソースコード保存時にアクションを指定
  エディタ上のカーソルの位置を保存
  プラグインの署名を検証
  Page3
  標準プラグインの強化点
  WTPの新機能でらくらくJava EE開発
  DBの開発をサポートするDTP
  帳票の作成支援機能BIRTも強化
  Page4
  新しく追加されたプラグイン
  新たな開発スタイルを示唆するMylyn
  SOAによる開発をサポートするSTP
  リモートアクセスと組み込み開発を支援するプラグイン
  スクリプト言語に対応したDLTK
  コミュニケーションツールの開発をサポートするECF
  待望のUMLエディタ UML Tools
Europaの“新世界”を体験しよう


Java Solution全記事一覧


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH