運用
IT Proから見たSQL Server 2005 第3回

1.Configuration Manager

デジタルアドバンテージ 小川 誉久
2006/03/16

SQL Server Configuration Manager

 SQL Server 2005をインストールしてまず気付くことは、SQL Server 2000ではインジケータ領域で常に実行されていたサービス・マネージャが存在しないことだ。

サービス・マネージャのインジケータ領域アイコン(SQL Server 2000)
サービス管理を行うためのSQL Server 2000のサービス・マネージャ。2000ではデフォルトでこれが起動され、インジケータ領域に表示されていた。
  サービス・マネージャのアイコン。

 サービス・マネージャを開くと、次のウィンドウが表示される。

サービス・マネージャ(SQL Server 2000)
サーバごとにSQL Serverサービスの開始や一時停止、停止などの操作に加え、サービスの状態をグラフィカルで表示するツール。

 しかしSQL Server 2005にはこのサービス・マネージャはない。代わりに、SQL Server Configuration Managerというツールにより、サービスの管理やステータス確認を行う。

SQL Server Configuration Manager(SQL Server 2005)
SQL Serverサービスの管理、状態確認ができる。

 上記画面から分かるとおり、このConfiguration Managerでは、SQL Server、Agent、Analysis Services、FullText Search、Integration Servicesなどのサービスを制御可能だ(画面にはないが、これ以外にもReporting Services、Notification Servicesなども管理可能)。サービスを制御するには、右側のペインに一覧表示されたサービスを右クリックし、ポップアップ・メニューから[開始][停止]などを実行すればよい。

初めてのSQL Server 2000 第2回

 図「SQL Server 2000とSQL Server 2005の管理ツール」で示したとおり、SQL Server 2005のConfiguration Managerでは、SQL Server 2000の「クライアント・ネットワーク・ユーティリティ」「サーバ ネットワーク ユーティリティ」も統合されている。これらは、クライアントおよびサーバで使用可能なネットワーク・プロトコルの設定、サーバのエイイリアス名(別名)の設定、DB-Library(データベース・ライブラリ)を利用するアプリケーションのデフォルト設定などを行うものだ。


 INDEX
  [運用]ITProから見たSQL Server 2005
  第3回 SQL Server 2005の管理ツール
  1.Configuration Manager
    2.SQL Server Management Studio(1)
    3.SQL Server Management Studio(2)
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH