運用

WEP暗号化の基礎と実践
―― 安全な無線LANを構築するための知識と設定・運用の実際 ――

井上孝司
2002/04/11


 IEEE802.11b対応の無線LAN製品の低価格化などにより、企業から個人まで、無線LANが幅広く普及している。特にネットワーク・ケーブルの配線が容易でない環境では、無線LANは非常に便利だ。しかし便利さの裏側には、ネットワークへの不正侵入や情報漏えいなどの危険が潜んでいる。

 幸いIEEE802.11b/IEEE802.11a無線LANでは、安全な通信を行うためにWEP(Wired Equivalent Privacy)と呼ばれる暗号化仕様が考案された。不正侵入などに強い無線LAN環境を構築すると共に、万一の事態をいち早く検知し、これに的確に対処するには、WEPに対する正しい知識と設定、運用が欠かせない。本稿では、まずこのWEB暗号化仕様の基礎を解説し、続いて実際の製品を使った設定方法、設定の注意点などを解説する。

 なお暗号化設定の前段階として、IEEE802.11b 無線LANに関する基礎解説と、Windows XPを使った無線LANの設定方法については、別稿「Windows XPで始める無線LAN――XPの標準サポートで無線LANはこう変わる」で解説した。まだ無線LAN自体に詳しくないという場合は、まずはこちらを参照していただきたい。

関連記事(Windows Insider内)
Windows XPで始める無線LAN――XPの標準サポートで無線LANはこう変わる
  
 

 INDEX
[運用]WEP暗号化の基礎と実践
    1.無線LANの安全性を確保するWEP暗号化
    2.アクセス・ポイント側のWEP設定
    3.SSIDが自動検出可能な場合のWindows XP側の設定
    4.SSIDが自動検出不可能な場合のWindows XP側の設定
    5.Windows XPにおける「利用できるネットワーク」と「優先するネットワーク」の違い
    6.Windows 2000におけるWEP暗号化の設定
    7.おわりに
 
 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • 第552話 怖い話 (2017/6/27)
     なにぃ、会社のトイレにお化けが出るって? あー、バカバカしい。ホラー映画の観過ぎじゃないの、まったく……
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
  • ドメインの情報を提供するDNSのコンテンツサーバ (2017/6/22)
     DNSサーバには、ドメインの情報を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH