「モバイルに注力」とアドビ

Flash Lite 3をNTTドコモ、ノキアが採用

2007/10/31

 アドビ システムズは10月31日、NTTドコモとノキアの新しい携帯電話がモバイルデバイス向けFlash Player「Adobe Flash Lite 3」を採用すると発表した。SaaS、AIRを進めるアドビだが「最も注力しているのはモバイル」(米アドビ システムズのプラットフォーム事業部 シニアバイスプレジデント兼チーフソフトウェアアーキテクトのケビン・リンチ氏)ともいい、製品の充実を急いでいる。

 Flash Lite 3の最大の特徴はFlash Videoのサポート。Flash Player 9が対応するOn2 VP6、Sorenson Sparkの2つのビデオコーデックをサポートし、YouTubeなどの動画共有サイトの動画コンテンツの再生が可能になる。

flash01.jpg 「Adobe Flash Lite 3」を使った動画再生のデモンストレーション。ノキアの携帯電話上で再生した

 YouTubeなどが採用するプログレッシブ再生のほかに、「Flash Media Server」を使ったストリーミング再生、ダウンロード再生にも対応。プログレッシブ再生と異なり、ストリーミング再生はキャッシュがローカルに残らない。コンテンツプロバイダにとってはエンドユーザーが動画コンテンツを二次利用できないというメリットがある。

 米アドビ システムズのモバイル&デバイス担当グローバルエバンジェリスト ビル・ペリー(Bill Perry)氏は「Web上のビデオの70%はFlash Videoを採用している。Flash Lite 3がFlash Videoをサポートすることで、例えばWebサイトに載せたFlash Videoを携帯電話やデジタル家電でも見てもらえることになる」と語り、モバイルデバイスでの動画再生の拡大に期待を示した。

 Flash Liteを搭載する機器の出荷台数は2007年第3四半期で3億台を超えた。リンチ氏は「2010年には10億台に達する」との見通しを示したうえで、「モバイル向け開発がPC向け開発よりも重要になる時代が来る」と語った。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン