ネイティブ方式は「7月をめど」

フレッツ 光ネクスト、6月1日からトンネル方式によるIPv6接続を開始

2011/05/26

 NTT東日本およびNTT西日本は5月26日、ブロードバンド接続サービス「フレッツ 光ネクスト」で、6月1日からIPv6アドレスによる接続を提供することを発表した。これにともない複数のインターネットサービスプロバイダーもIPv6対応を表明している。

 NTT東日本/西日本では、フレッツ 光ネクストの基本機能として、従来からのIPv4接続に加えIPv6接続を提供する。IPv6接続に際し、申し込み手続きや新たな月額利用料は必要ない。ただし、対応するISP事業者との契約や、IPv6によるPPPoE接続に対応するための機器を用意する必要がある。

 NTT東日本/西日本はこれまで、IPv6によるインターネット接続方式として、「トンネル方式」と「ネイティブ方式」の2種類を提示していた。6月1日から開始するのは、このうちトンネル方式に当たる「IPv6 PPPoE」。利用するには、ユーザー側にIPv6トンネル対応アダプタなどを導入する必要がある。NTT東日本/西日本は、この機能を提供する「IPv6トンネル対応アダプタ MA-100」を、5月30日から1万479円で発売する。

 もう一方のネイティブ方式「IPv6 IPoE」は、7月をめどに開始する予定だ。同方式を利用する際には申し込み手続きが必要だが、アダプタは不要となる。

 この発表を受けて、NTTコミュニケーションズが、企業向け/個人向けOCNサービスの各種「フレッツ 光ネクスト」対応プランにおいてIPv6 PPPoE接続に順次対応することを発表したほか、NTTぷらら、インターネットイニシアティブ(IIJ)、NECビッグローブなどが対応を表明。NTT東日本では5月30日から、IPv6に対応するISPの一覧をWebで公開する予定だ。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

Master of IP Network フォーラム 新着記事
  • シスコのSD-WANが、分かりにくいのはなぜか (2017/2/27)
     シスコシステムズは、SD-WANに対してどのようなスタンスをとっているのか。結論から言えば、同社の既存技術の適用形態としてSD-WANを捉えており、一方で即座に活用できるソリューションを求める人々には、「Cisco Meraki」を推進するということになる
  • ネットワークの疎通を確認するには?〜ping/traceroute〜 (2017/1/30)
     マシンのネットワーク設定を行い、外部のネットワークやサーバとつながるかどうかを確認する際には、実際にネットワーク・アプリケーションを使う前に、「ping」「traceroute(tracert)」などのコマンドを用いる方法が有効だ
  • ping 〜ネットワークの疎通を確認する (2017/1/23)
     pingは、ネットワーク疎通を確認したいホストに対してIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかを確認するためのコマンドだ
  • SDNで物理ネットワークのテストを楽にする方法 (2017/1/18)
     ネットワーク運用をSDNによっていかに“楽に”できるかを考える本連載。最終回となる今回は、物理ネットワークにSDNを適用し、テストなどに掛かる負荷を低減する方法について解説します

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Periscope」のライブ動画にプレロール広告の配信が可能に
Twitterはこのほど、実況アプリ「Periscope」のライブ動画において、プレロール広告の配...

ソーシャルギフトのギフティ、成果報酬型の来店促進ツールを提供
ギフティは、来店者人数に連動した成果報酬型キャンペーンツール「GIFTRACK」を提供開始...

Web担当者あるある――あなたがその数字を追いかけるのが不毛である理由
事業内容や体制によりKPIの考え方は異なるもの。他社と情報交換したり代理店の担当者に相...