MSXML / MSXML2 / MSXML3

MSXML 2.5 / MSXML 3.0 / エム・エス・エックス・エム・エル

 MSXMLは、米Microsoft社が提供するXMLモジュールの名称である。MSXMLは、主にInternet Explorerの一部として配布されるが、単体で入手してアップグレードすることもできる。

 MSXMLはDLL形式のCOMサーバとして提供され、バリデーション機能付きのXMLパーサの他、DOM、SAX、XSLTなどの機能を提供する。また、W3Cの標準にない独自拡張機能も提供する。

 MSXMLは機能拡張されながら順次バージョンアップを繰り返しており、2000年12月現在、Internet Explorer 5.5の一部として提供されているものがMSXML 2.5、単体で入手できる最新版はMSXML 3.0となっている。

 また、これらの機能が実装されたDLLの名称が、MSXML.DLL→MSXML2.DLL→MSXML3.DLLと変化してきたことから、バージョンを示すためにMSXML2あるいはMSXML3という名前で呼ばれることもある。

 これらMSXMLのモジュールには、細かいバージョンの相違があると共に、一部にはバージョン間で非互換性があることが知られている。このため、MSXMLの機能を前提として作成されたXMLによるWebページでは、閲覧に使用するマシンにインストールされているMSXMLモジュールによって、閲覧できたり、できなかったりという問題が生じる場合がある。

関連記事

関連用語

W3C
XML
DOM
SAX
XSLT

リンク

XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH