SWT

エス・ダブリュー・ティー / Standard Widget Toolkit

 EclipseのGUIを実現するために開発されたJava用GUIツールキット。

 Javaには、標準でAWT(Abstract Window Toolkit)やSwingなどのGUIライブラリが同梱されているが、Eclipseがリリースされた当時はAWTやSwingの速度が実用レベルへ達していなかったため、異なる設計思想によって新たなGUIツールセットが開発されることとなった。

 Swingは、Javaプラットフォームの「Write once, run anywhere」を満たし、OS上の違いを抽象化するために、描画処理に多くのJavaコードが使用されており、互換性確保のためにパフォーマンスを犠牲にしている側面がある。

 一方のSWTは、描画処理の多くを各OSのネイティブコードを使用することにより高いパフォーマンスを得られるかわりに、各OS用のライブラリが必要となる。ただし、SWTを使用した場合でもJavaで書かれるコードはOS非依存である。

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH