Insider's Eye

コラム
パッチ管理に関する用語の変更

Peter Pawlak
2005/03/29
Copyright (C) 2005, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc.

 Windows Update Services(WUS)の基本的なシステム・アーキテクチャは、Software Update Services(SUS)のアーキテクチャとほぼ同じだが、新しいソリューションでは、使用されるコンポーネントの名前が変わっているため、混乱が生じる可能性がある。

 コンポーネントを更新する際、ユーザーには2つの選択肢がある。1つは、Webブラウザを使い、Microsoftが開設しているソフトウェア更新プログラムのためのWebサイト(従来のソリューションではWindows Update、新しいソリューションではMicrosoft Update)に直接アクセスし、リンクをクリックして自分のシステムのスキャンを実行し、インストールしたいソフトウェア更新プログラムを選択した後、それらをインストールするようプログラムに指示するという方法だ。

Microsoftのパッチ管理にまつわる用語の変遷
編集部注:Windows Update Services(WUS)の名称は、その後Windows Server Update Services(WSUS)に変更された。

 これに対し、Windows 2000以降のユーザーには、エージェント(従来のソリューションではAutomatic Update、新しいソリューションではWindows Update)を構成し、定期的にMicrosoftのWebサービス(従来のソリューションではWindows Update、新しいソリューションではMicrosoft Update)に接続するという選択肢もある。エージェントは、利用と適用が可能なソフトウェア更新プログラムを判断し、ダウンロードして適用するが、この間ユーザーが関与することは一切ない。Microsoft UpdateのWebサイトとWebサービスでは、ドライバや機能パックなど、利用可能な更新のタイプが従来のソリューションよりも増えており、将来的にはすべてのMicrosoft製品をカバーする予定だ。

 また、中間サーバ(従来のソリューションではSoftware Update Services、新しいソリューションではWindows Update Services)をインストールすることにより、適用可能なすべての更新を受け取るのではなく、インストールするソフトウェア更新を管理するという方法もある。


 INDEX
  Insider's Eye
    次世代パッチ管理ソフト最新版、WSUSの新機能(1)
     コラム パッチ管理に関する用語の変更
       コラム Windows Update Servicesのアーキテクチャ
    次世代パッチ管理ソフト最新版、WSUSの新機能(2)
    次世代パッチ管理ソフト最新版、WSUSの新機能(3)
 
 「Insider's Eye」


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH