製品レビュー

Microsoft Operations Manager 2005

―― 複数のサーバ管理を一元化し、効率かつ安全なサーバ管理を支援する監視ソフトウェア ――

第2回 MOM 2005サーバのインストール

1.MOM 2005のインストール

デジタルアドバンテージ
2004/12/23

 前回はMicrosoft Operations Manager 2005(以下MOM 2005)の概要について解説した。今回はMOM 2005サーバのインストールと初期設定作業について見ていく。なおMOM 2005日本語版は2004年12月1日から販売されているので、評価版をダウンロードして実際に操作してみるのもよいだろう。

 MOM 2005をインストールするには、まずMOM 2005のCD-ROMからsetupプログラムを起動してMOM 2005サーバをインストールし、その後、MOM 2005管理コンソールを使って管理対象サーバにエージェントをインストールする、という2つの段階を踏む必要がある。

 以下では、まずMOM 2005サーバ自身のインストール方法について解説する。MOM 2005のインストールに必要なサーバのシステム構成などについては、MOM 2005の製品情報ページを参考にしていただきたい。

手順1―Window 2000 Server/Windows Server 2003の準備

 最初にMOM 2005をインストールするためのサーバを用意するが、これはドメインのメンバ・サーバとして構成しておく。ワークグループ構成のサーバにインストールしたり、ドメインに参加していないサーバを管理することも不可能ではないが、サービス用アカウントの設定・管理作業などが面倒になるので勧められない。ドメイン・ネットワークならば、ドメイン・コントローラ上にアカウントを作るだけでよいが、ワークグループ・ネットワークの場合は、管理対象サーバごとにサービス用アカウントを作成するなどの手間がかかるからだ。なお必要なサーバ・コンポーネントとしては、.NET Framework 1.1とIIS Webサーバがあるので、これらもインストールし、さらに最新のセキュリティ・パッチも適用しておく。

手順2―MOMエージェント用アカウントの準備

 MOM 2005を利用するには、2つのドメイン・アカウントが必要となるので、あらかじめこれを作成しておく。1つはMOM 2005の「アクション用アカウント」であり、例えばエージェントのインストールや、エージェント(サービス)がデータを収集する場合に使用される。もう1つはMOM 2005の「データベース・アクセス用アカウント」であり、SQL Serverへのアクセス時に利用される。いずれのアカウントも、必要な権限はインストール時に適宜付与されるので、アカウントを作っておくだけでよい。

手順3―SQL Serverの準備

 MOM 2005では収集したデータを格納するためにSQL Server 2000を利用するので、これをインストールし、さらに最新のService Pack(SQL Server 2000 SP3a)も適用しておく。またMOM 2005のレポート機能も利用するのなら、SQL Server 2000 Reporting Servicesもインストールしておく。

手順4―MOM 2005のインストール

 以上の準備ができたら、いよいよMOM 2005サーバ自身をインストールすることができる。MOM 2005のCD-ROMからsetupプログラムを起動すると、インストールに必要なコンポーネントをチェックするツール(「前提条件の確認」ツール)が利用できるので、これを使ってインストール可能かどうかをチェックするとよい。

MOM 2005のインストール
CD-ROMを挿入すると、このsetupプログラムが起動する。
  MOM 2005サーバのセットアップ。
  これを実行すると、MOM 2005サーバのインストールに必要なシステム構成のテストが行われる。不足しているコンポーネントがあると知らせてくれるので、それらをすべてインストールすること。
  MOM 2005サーバ本体のインストール。
  MOM 2005レポート機能のインストール(必須ではない)。
  MOM 2005関連のリリース・ノートなどのドキュメントの参照。
  エージェントを直接インストールするには、管理対象サーバ上でこれを選択して実行する。

 の「前提条件の確認」ツールは、MOM 2005のインストールに必要なコンポーネントが導入されているかどうかを調査するためのツールである。MOM 2005をインストールするOSのバージョンやサービスパック、SQL Serverや.NET Framework、IISなどのインストール状況を調査し、不足するコンポーネントがないかどうかを表示してくれる。

前提条件の確認ツールの実行結果
インストール・オプション(MOM 2005本体のインストールか、レポート機能のインストールか)を選択して実行すると、必要なコンポーネントを調査してくれる。これを実行すると、MOM 2005サーバのインストールに必要なシステム構成のテストが行われる。
  不足しているコンポーネント。これらを導入しておかないと、MOM 2005のインストールはできない。
  インストール済みのコンポーネント。

 セットアップ画面で[Microsoft Operations Manager 2005のインストール]をクリックすると、MOM 2005のサーバ・コンポーネントのインストール作業が始まる。MOM 2005を導入するフォルダ名や、MOM 2005のアクション用アカウント、データベース・アクセス用アカウントなどを指定すれば、あとは自動的に以下のステップでインストール作業が進む。

  • MOM 2005サーバ・コンポーネントのインストール
  • MOM 2005データベースのセットアップ
  • MOM 2005管理ツールのインストール
  • MOM 2005サーバ自身を管理するためのエージェントのインストール

 インストールするコンポーネントは次のダイアログで選択することができるが、開発者やサード・パーティ製ソフトウェアとの連携用の「MOM コネクタ フレームワーク」以外はすべて導入しておくとよいだろう。

セットアップするコンポーネントの選択
サーバ・インストール時に選択できるオプション画面。MOM 2005サーバの機能を拡張するためのコネクタ・フレームワークやWebコンソールは必要に応じてインストールすればよい。
  MOM 2005用のデータベースをSQL Server上に作成する。
  管理サーバ本体。
  MOM 2005製品コネクタを使用するためのフレームワーク。
  Webベースのオペレータ・コンソール・ツール。
  管理コンソール。

 なおエージェントはMOM 2005サーバ自身にも導入するほか、管理対象となるサーバへも導入する必要があるが、この作業はあとで管理コンソール上で行う。またデフォルトではMOM 2005管理パックのみがインストールされるので、それ以外のWindows OSやサーバ・ソフトウェアのための管理パックは、あとで管理コンソール上で追加インストールする(詳細は後述)。

 以上でMOM 2005システムのインストールは終了であるが、レポート・サービスを利用する場合は、さらに[Microsoft Operations Manager 2005 レポートのインストール]という項目も実行しておく。


 INDEX
  [製品レビュー]Microsoft Operations Manager 2005 
  第2回 MOM 2005サーバのインストール
  1.MOM 2005のインストール
    2.MOM 2005の管理パックの導入
    3.エージェントのインストール
 
 製品レビュー


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH