ICDロゴ

衛星インターネット接続

【エイセイ・インターネット・セツゾク】

最終更新日: 2000/06/12

 通信衛星を利用して、高速なインターネット接続を可能にするサービス。テレビ番組の放送用チャンネルの帯域を利用し、高速なインターネットアクセスを可能にする。ただし衛星からは、インターネット側からのダウンストリーム データを受信することしかできないので、アップ ストリーム側は、モデムやTAを利用したダイヤルアップなどでISPに接続し、通信路を確立する必要がある(したがって基本的には、衛星インターネットの利用料に加え、電話料金とISPの利用料金が別途かかることになる)。

 衛星インターネット接続を利用するには、PCに通信用の専用カードを装着し、衛星からのデータを受信するパラボラ アンテナとこのカードを接続する。またアップストリーム側として、モデムやTAを接続する。さらにPC本体には、衛星インターネット接続用の専用ドライバをインストールする。このドライバは、インターネット アクセスを横取りして、アップ ストリーム側はモデム/TAに送出し、ダウン ストリーム側はパラボラ アンテナからの受信データを用いるようにする。こうして、インターネットへの要求は、公衆回線などを経由してISPに送られ、アクセスしたいインターネット上のサーバに送られる。この要求への返信は、要求を発信したPCではなく、衛星インターネット接続用の地上局に送られるようになっている。こうして地上局に送られたデータは、衛星に送られ、受信者のアンテナからPCに送られる。

 ただし衛星インターネット接続では、このように通常とは異なる経路でパケットがルーティングされるため、インターネットサービス(オンラインゲームなど)によっては利用できないなどの問題もあり、広く普及するには至っていない。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -