ICDロゴ

共有プリンタ (shared printer)

最終更新日: 1998/09/30

 LANなどで、複数のクライアントユーザーから利用できるように、ネットワーク上に公開されたプリンタ。ネットワークプリンタと呼ばれることもある。

 ネットワークが一般化する以前は、複数ユーザーで1台のプリンタを共有するために、プリンタ切り替え機などを利用していたが、この場合、誰かが印刷している最中には、他のクライアントは印刷処理の実行を待たなければならなかった。これに対し共有プリンタでは、一般にサーバ側が提供するプリントスプールを利用でき、印刷処理が実行されている最中でも、他のクライアントが印刷処理を実行できる。この場合、印刷用のデータは、サーバのプリントスプールに順次溜められ、現在の印刷処理が終了し次第、スプールに入れらた順序で印刷処理が実行される。

 Windows 95やWindows 98、Windows NTには、標準でネットワークプリンタを公開する機能が標準で提供されている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -