ICDロゴ

Katmai

【カトマイ】

別名
カトマイ (Katmai)

最終更新日: 2001/07/19

 Intel製x86プロセッサであるPentium IIIのうち、最初(1999年3月2日)に登場したプロセッサ・コアの開発コード名。初めてストリーミングSIMD拡張命令(SSE)を実装したプロセッサ・コアである。主な仕様は以下のとおり。

項目 内容
マイクロアーキテクチャ P6アーキテクチャ
コアのクロック周波数 450/500/533/550/600MHz
FSBのクロック周波数 100MHz(コア・クロック450/500/550/600MHz)/133MHz(同533/600MHz)
1次キャッシュ 命令:16Kbytes/データ:16Kbytesの合計32Kbytesをコアに統合
2次キャッシュ 最大512Kbytesをコアに外付け可能。クロック周波数はコアの1/2
製造プロセス 0.25μm
トランジスタ数 950万個
Katmaiの主な仕様

 Katmaiの後には、Pentium IIIの2代目プロセッサ・コアとして開発コード名「Coppermine(カッパーマイン)」が登場している。

Pentium III(S.E.C.C.2)
Pentium III(S.E.C.C.2)
これはKatmaiを搭載しているS.E.C.C.2と呼ばれるカートリッジ型のPentium III。写真提供:Intel

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -