ICDロゴ

2Dグラフィックス (2 Dimensional Graphics)

【ツー・ディー・グラフィックス】

別名
2次元グラフィックス (2 dimensional graphics) 【ニ・ジゲン・グラフィックス】

最終更新日: 2002/02/06

 直線や円(楕円)、四角形、ビットマップ、フォントの表示など、2次元平面に対する描画処理。または2次元平面に対する描画処理によって作成されたグラフィックス画像。

 ワードプロセッサやスプレッドシートなど、一般的なビジネスアプリケーションで必要となるグラフィックス処理のほとんどは2Dグラフィックスである。初期のパーソナルコンピュータでは、CPUがこれらの描画処理をすべて行っていたが、その後グラフィックスカード上にハードウェアで高速に2Dグラフィックスを処理できるアクセラレータチップが搭載され、現在ではこの形式が一般的になっている。

 現在では、ゲームやマルチメディアアプリケーションなどを中心に、立体をコンピュータディスプレイ上などで表現するための3Dグラフィックスの技術が注目を集めている。この3Dグラフィックスと対比させる意味で、2Dグラフィックスという言葉が用いられることもある。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -